San Diego

サンディエゴでサーフィン

San Diego Surfing Tour

7O5A8682
7O5A8682
7O5A8682
7O5A8682
7O5A8682
DCIM100GOPROG0101933.
IMG_0735 2
IMG_4464
IMG_4465
IMG_4465

サーフィンのメッカ、カリフォルニアの最南にある街、サンディエゴ。ビギナーから中上級者、ビーチブレイクからリーフのポイントブレイクまで幅広く楽しめます。

ビギナースポット

  • パシフィックビーチ Pacific Beach
  • ラホヤ ショアーズ La Jolla Shores
  • ミッションビーチ Mission Beach
  • シップレックス(コロナド)Shipwrecks
  • ターマリンビーチ Tourmaline beach

中上級者スポット

  • ブラックスビーチ Black’s Beach
  • インペリアルビーチ Imperial Beach
  • デルマービーチ Del Mar Beach
  • オーシャンビーチ Ocean Beach
  • スクリプスピアー Scrips Pier
  • ウィンダンシービーチ Windansea beach
  • Dストリート D street
  • スワミーズ Swami’s
  • トラッセルズ Trestles

etc…

などなど、ここに載せきれないほどたくさんのスポットがあります!サーフガイドも受けたまわっておりますのでお気軽にお問い合わせください!

 

サンディエゴ観光

     

ビーチだけが魅力ではないサンディエゴ。観光の見所も満載です!車がないと観光に不便、、、問題ありません!サンディエゴを知り尽くしたドライバーのカーチャーターも承っておりますお気軽にお問い合わせください!

  • ミッションビーチ
    • Belmont park 遊園地がビーチのすぐ横にあるカリフォルニアならではのビーチ。入場料はなく、乗り物につきチケットを買うシステム。乗り物だけでなく、アーケード、グルメもあるので歩いてるだけでも楽しめます。遊園地内にあるアイスクリーム屋さん、Sweet Shoppeのアメリカンサイズの巨大アイスクリームはマストトライです!
  • バルボアパーク
    • 美術館や博物館、植物園など様々なレクリエーションが集まった大きな公園。日本庭園もあります!バルボアパークの敷地は広大で博物館等に使用されている建物はなんと100年以上前に建てられたそう。歩いて回るだけでも楽しめます。ダウンタウンからも近くアクセスしやすいです。
  • オールドタウン
    • サンディエゴ発祥の街、オールドタウン。メキシコの文化が根強く残るサンディエゴですがオールドタウンでは歴史的な古い町並みを体験することができます。お土産もオールドタウンでまちがいなし!幽霊スポットで有名なWhaley House Museaum も要チェック。建物内に入れるツアーも開催しています。
  • ラホヤケーブ
    • 野生のアシカたちが生息しているラホヤケーブ。水族館でも動物園でもこんなに近くでこんなに多くのアシカたちを見ることはできません。いつも観光客を案内するとあまりの近さと迫力に驚いています。訪れる際のルールはないけれど、アシカたちにリスペクトをはらいみんなが安全に楽しめるようにお願いします!
  • ブラックスビーチ
    • ヌードビーチとして有名なラホヤにあるビーチ。夏はあちこちで目のやり場に困るくらいの人たちが日光浴を楽しんでいます。ヌード経験目当てではなくても、ビーチまで降りていく15分ほどのトレッキングコースからの眺めは絶景です。
  • オーシャンビーチ
    • 変わった人たちが集まる不思議なビーチタウン。行ってみないとわからない面白さ。カリフォルニアらしくもあり、ああ人はみんな違ってみんないいんだなと思わせてくれるような街。一度は訪れてみることをお勧めします!オーシャンビーチにあるHoddadsというハンバーガー屋さんは店内も可愛く、毎日行列ができている人気バーガー屋さんです。
  • トーリーパインズ州立自然保護区
    • 保護区内は約1時間ほどの難易度の低いトレッキングコースがあり、絶景を目の前にしながらハイキングが楽しめます。崖の上からビーチへとコースは繋がっており、カリフォルニアらしいサンディエゴを代表するトレッキングです。
  • ポテトチップロック
    • ポテトチップのように薄い岩の上で写真が撮れるスポットとして有名なハイキングコースです。サンディエゴから東に約40マイル行ったところにあるウッドソン山の頂上。今にも折れてしまいそうな岩で写真を撮ろうと行列ができるほどです。木々がほぼない岩の多いハゲ山なので真夏は熱中症に要注意。余分に水分を持っていくことをお勧めします。ルートにもよりますが、東側のトレイルヘッドからは頂上まで2マイル、約1時間半かかります。