SAN DIEGO Car Charter & Surfing guide

Barefooter Travelへようこそ! サンディエゴ在住、旅とサーフィンを趣味としているのmarinaが在住日記&旅日記を更新中。カーチャーター&サーフィンガイドも承っています!公共機関が少なく移動が不便なサンディエゴ。車とドライバーが必要?サーフィンをしにきたけどポイントや行き方がわからない?barefooter travelにまかせください!サンディエゴのカーチャーター&サーフィンガイドはBarefooter Travel!カーチャーターで楽々移動、観光可能です。詳しくはメニューのTOURページにて!

San Diego Tour

Balboa Park

Balboa Park

La Jolla Cove

La Jolla Cove

Pacific Beach

Pacific Beach

Potato chip rock

Potato chip rock

sunset cliff

sunset cliff

wind and sea beach

wind and sea beach

Old town

Old town

Torry Pines State Park

Torry Pines State Park

Salvation Mountain

Salvation Mountain

Midway Museum

Midway Museum

BLOG

Bali

Bali day85

雨季の風、ヌサドゥアへ バリに来て85日目。 ゲゲールビーチ この日は初めてゲゲールビーチに行きました。バイクで約30分。ゲゲールビーチはヌサドゥア地区なのでリゾート地です。 海も砂浜も綺麗。 ワルンで荷物を預けて海に入ります。 ゲゲールは海に向かって一番右のポイントと、正面のポイントがあります。ボートでも5万ルピアで連れてってくれます。通常はカレントが強いポイントらしいので一番右まではパドルでは厳しそうだった。。 正面ならテトラから飛び込んでパドルでいけます。オージーとか結構パドルアウトしてました。 正面でサーフィンするとカレントで右から左に結構流されて終了。パターンが普通らしい。 正面の方がサイズもでかそうでした。 私たちは右側で2時間くらい入りました。 奥から結構いいのが割れてきてたけど早い。 ただただ早い。 なかなか抜けられないし掘れてました。 最初はそんなになかったサイズも後半は水も増してきてピークからは頭半ないくらいにまでなってました。 ちなみに、ここはグーフィーのポイント。 正面はレギュラー。 以前来た友達たちがカレントに乗ってパドルで帰れば余裕だよ〜っていうからパドルで帰ったら、カレントがない。全然ない。 結局相当の距離をパドルしてヘトヘトになりながら帰ってきました。笑 このわんちゃん、どうしたらそうなるのか、体の下半分がドレッドじゃないけど雑巾みたいになってました😂 ゲゲール難しかったなー。 ジンバランのナシチャンプル屋さん 帰りはジンバランにあるローカルにも大人気のナシチャンプル屋さんへ。名前は”warung nasi ayam Bu Oki” 店内も広かった。 おそらくメニューは一品だけな気がする。辛くないのを頼んだのにそれでも相当辛かった、、 これで200円くらい。安くて辛くて美味しいお店でした。

Bali

Bali day 84

魚介市場、ジンバランフィッシュマーケット バリに来て84日目。 この日は私の泊まってるゲストハウス、kupu kupu 39で元々友達になった人がまたバリに来るので鍋パーティーをすることに。 魚介を入れたいね、ということになったので始めてジンバランにあるフィッシュマーケット、Pasar Ikan Kedonganan に行ってきました! Pasar Ikan Kedonganan クタから見るとジンバランは空港を挟んで向かい側。陸路で行くと地味に遠いです。 すごくローカルなので掘っ建て小屋のような建物の中にあります。 魚から貝、イカやタコエビ等が新鮮でスーパーよりもやすく買えます 私たちはタコ一匹、1.6キロを14万ルピア、約1000円ちょっとで買い、ハマグリ一キロ3万ルピア、エビ一キロ10万ルピアでした。 ここではあまり値段交渉は出来ず。 それでもたくさん買えたので満足です。 この日の夕日も綺麗だったな〜

Bali

bali day83

スランガンでサーフィン 11月18日。バリに来て83日目 スランガンへはボートで 最近ずっと波がないバリ。いつものエアポート以外でどっかいこうという話になり、季節的にもスランガンに行きました。スランガンはAフレームに割れるレフト、ライト両方いけるポイント。前までは目の前のビーチまで行き、そっからパドル出来たのに、今年に入ってビーチクラブを作り始めてしまったのでスランガンビーチまでは陸路で入れなくなってしまいました。ビーチよりも海に向かって左側の船着場からボートでポイントまで連れてってもらいます。サヌールからもいけるそう。 ボートは3人以上いれば一人10万ルピアで3人以下だと一隻で30ルピアです。 スランガンのゴミ収集場の横を通り過ぎ川沿いを走ります。なんだか気持ちいい道だったな〜 ここが船着場。 ピークが二つ 船でポイントまで行くとピークは二つありました。右側と左側。ビーチ向かって右側の方がカレントが強いそう。 私たちは左側で入りました。人も多かったなー。ローカルキッズがガンガンだし、波も小さくて波数も少ないので少し難しかったな〜。波の争奪戦でした。 本来はスランガンは他のポイントよりもワンサイズ上がります。波が大きい日に来るとセットがワイドに割れたりするので一回ハマってしまうとなかなか抜け出せなくて大変。 それでもこの日は小さかったのでそんな心配もいらず。むしろ波待ちに飽きることも。 それでもこぼれたのやインサイドでなんとか乗って終了。 次は割とサイズのあるときにきたいなー。

未分類

Bali day 78

バリの歯医者さん バリ島78日目。 最近やっすいアイスを見つけて買いだめする日々。一つ3000ルピアで売っているので日本円で約25円。安すぎる。 そんなアイスクリームを今日もたべていたら、 なんと、 歯が欠けた。 正確には銀歯が取れた、、、! アイスで銀歯が取れるって、、しかも銀歯を入れてからまだ3,4年かなあ。昔歯科衛生士をしていた友達に言ったらヤブ医者と言われました。たしかに、銀歯を最初に入れたのに調子が悪くまたやり直されてる。二倍お金がかかってしまってしかもその出来。ありえないと思いそこにはもう行くのをやめましたがほんとにヤブ医者でした。 そんなことは置いといて、、 我らが寮母、くみちゃんに銀歯が取れた〜泣 と言ったら近所の歯医者さんを紹介してくれました。 一つはどうやら銀歯の治療を扱ってないらしく、新しく白い型を作らなきゃいけないと言われ40万から80万ルピアだよと言われました。 もう一つは、なんと薬局の中の一室にありました。最初気づかなかった、、笑 しかもこの歯医者さん、営業時間は午前中の11時から12時、夜の6時半から8時までのなんと2時間半。やる気のない歯医者さんです笑 そこで夜の6時半に早速行ってみました。 が、この短い営業時間なのに先生は遅刻。まだきてないから7時過ぎにきてーと言われてしまいました。まじか、、と思いながらこの日はそのまま夜ご飯を食べてしまったので次の日出直すことに。 次の日、11時半に出戻り。今回は先生がいました〜。患者さんも3人くらいいて少し待ちました。 気楽な先生で、私がインドネシア語で少し話し始めたら、めっちゃインドネシア語できる人と思われて先生の説明する半分くらいは意味不明笑 わかったふりをしてました笑 結局手袋もせず、銀歯をそのまま勢いでつけてくれて、唾を吸う吸入器もなく、唾をいちいち吐いてくれ方式。笑 秒で終わりました笑 最初はすごく変な感じでなんか痛いし窮屈だしほんとにこれで大丈夫なのか。と思ったけど先生はそのうち、歯が馴染むから平気〜と。 銀歯をくっつけてくれて20万ルピアでした。最初に言った歯医者よりかなり安い!ローカルプライスだよ〜とドヤ顔な先生。ありがとうございました。 次の日、先生の言うとおり歯の痛みは引き、なんともなくなりました。おそらく一日銀歯がなくて空洞だったため、歯が狭まってきたのかな。日本のヤブ医者より全然いい! 結論。意外とインドネシアの歯医者さんは大丈夫でした!

Bali

Bali day76

バリヤンでサーフィン バリ島76日目。 ドライバーを雇ってバリヤンへ この日は同じ宿に泊まってる日本人の人たちがバリヤン に行くというので便乗して一緒に連れてってもらいました。 朝の5時半集合でクタを出発。着いたのは約2時間後でした。 バリヤンはサメが出る この日は水がえらい濁ってました。え、バリなのにこんなに汚いの? 実はバリヤンというポイントのすぐ横にはバリヤン川が流れていて雨が降ると川の水が海に流れ出ます。そういう時にサメがでるそう。バリヤンはバリ島のいくつもあるサーフポイントの中でもサメが出ることで有名。実際にシャークアタックが何回か起きています。 結構濁っていたし、波も陸から見るとトロそうで入る気がしなかった、、 こんなに波以外にびびって入水したサーフィンは初めて。笑 波待ちの時は出来るだけ足と手を水につけないとか効果はあるのか分かりませんが自分なりに気をつけていました。笑 波は最高 肝心な波はセット頭半あるかないかくらいですごく楽しかった!セット二本といい波乗れて大満足でした。奥から乗るとメローでインサイドで早く割れてくるという感じ。ミドルタイドからの上げがバリヤンは波がいいらしい。 後半はだいぶサイズダウンしてしまったけどそれでも楽しめました。サメに出くわさなかっただけで私は良かった、、笑 バリヤンはレストランやワルンもあるしゆっくりしやすい。 ご飯を食べてそのあと2時間半かけてクタに戻りました。バリヤン、また入りたいな。

Bali

Bali day77

バリ島のサテと焼き芋 バリ島77日目。 サテが食べたくなり、買いに行きました! サテの種類 鳥のサテ(アヤム) 豚のサテ(バビ) 魚のサテ(イカン) この三種類を食べました! 鳥のサテが一番安くて10本で1万ルピア 豚は私たちは10本で2万ルピア払ったのだけど後から聞いたらぼったくられているそう。笑 1万5000ルピアがローカルプライスらしい。 魚のサテもぼったくられたくさい。2万5000ルピアでした。魚のサテはジェルマンビーチの海に向かって一番左のワルンで変えます! とりあえず豚のサテを近所の道端でいっつも売っているおばちゃんのところへ そしてイカンも購入。 サテはお店によって味付けが違うから美味しい味付けの所を探しても面白い。つまみにも最高。安いしね。 バリにもある焼き芋 そして焼き芋も買いに行きました!これがめちゃくちゃ甘い。日本の焼き芋より美味しい。日本系中華?NAMBAというお店のすぐ近くにあります。見た目はサツマイモというより色がジャガイモよりだけど中は蜜だらけ。 1kgで3万ルピアでした。 焼き芋にハマりそうです。

Bali

Bali day71

ウルワツでサーフィン バリ島71日目。 波が小さい日はウルワツへ この日はサイズが下がった為ウルワツへ。 いつも一緒にサーフィンやら学校やらビジネスやらご飯やらくだらないことをしてくれる2人。 この日はセット頭オーバー。そこまでハードじゃなく楽しめるサイズでした。 が、なぜか人が多い。大混雑でした ワルンから階段を降りていき入水 この日は天気も悪くて土砂降りの中のサーフィンでした。 しかし、この日の最後の最後で事件が。 最後の一本だからピークから乗ろうと思ったらセットがきました。それだけなら良かったんだけどファンボードにまたがったビギナーが板をぶん投げ自分は潜ってしまったので、真後ろにいた私は足にクリーンヒット。 かなり痛かった、、実際次の日のサーフィンはお休みでした。あまりにも危ないし、ここはクタビーチじゃない。頭にきたっていうのもあって直接その女性に注意しました。 板は投げちゃ絶対にダメだと。そもそもここはクタビーチじゃないし、いくら今日のウルワツが波が小さかったとはいえピークにいちゃダメだと。もしサーフィンがあまりできないならクタビーチ行って練習して戻ってこいと。 この注意で他の人にまた同じようなことが起きなければいい。 とりあえず自分が怪我してあまりいい一日という感じにはならなかったけどこれも勉強。またサーフィン頑張ろう!

Bali

Bali day70

バイクでチャングー散策 バリに来て70日目。この日はチャングーに午後から出発して散策しました。 チャングーの激安ピザ屋さん お友達から以前教えてもらってた激安ピザ屋さんに言ってきました!その名もクリスピーピザ!(Chrissy pizza) なんとマルゲリータピザが2万2000ルピア。海老マヨピザが3万3000ルピア。ドリンクも全部やすい!ピザがホール200円で食べれるなんて信じられない! 味も美味しかったし2人でサイドメニューとか頼んでも700円くらい。チャングーでこの値段は素晴らしい 目の前の景色もなんだか落ち着いていて素敵 大満足でした! デウス(deus ex machina)チャングー店 オーストラリアブランドのモーターバイカーとサーファーに人気のデウス。一度チャングー店に行ってみたかった!中はえらいオシャレ。なんならこの横にコーヒーショップ?カフェもくっついていて欧米人の溜まり場のようになっていました。 結局、先週レンボンガンで見かけて買わなかったキャップを購入。やっぱり欲しかった、、笑 その後はデウスの向かいにあるお土産やさんがたくさん入ってたお洒落なエリア散策。リップカールの隣です。 ちなみに、これが買ったキャップ。 バトゥバロンビーチ このリップカールがある通りをまっすぐ行くとバトゥバロンビーチにつきます。 このビーチはサーファーが湘南のようにあふれていました。笑 ビギナーが多く、人が多すぎた為、ここでサーフィンはちょっと、、と思ってしまいました エコビーチ バトゥバロンビーチの北側にあるのがエコビーチ。エコビーチの方が人が少なく、サーフスポットとしては中上級者が多いなというイメージでした。波もバトゥバロンビーチよりも少しパワフルでいい波でした。 チャングーは棚田も多く、意味に近いし少しオシャレなバランスのとれてる街。お気に入りです。

Lembongan & Ceningan

レンボンガン島でシュノーケルツアー&バイク散策

レンボンガン島でシュノーケルツアー申し込み レンボンガン島二日目は前日に事前に頼んでおいたシュノーケルツアーに参加しました。バリ島からのツアーに参加せず、レンボンガン島に着いてから申し込んだ現地ツアー。私たちはホテルで申し込みしましたが大体どこのダイビングショップやトラベルショップでも同じ値段でした。 レンボンガン島でシュノーケルツアー料金は15万ルピア 全て込みで15万ルピア。安すぎる。バリ島からの日帰りツアーだと大体一万円くらいするのでそう考えるとレンボンガン島までのボート代を考えたとしてもお得ですね。 朝7時45分にホテルピックアップ。のはずが、恐らくピックアップしてくれる人が他のところにも人をピックアップしなければいけなくて私たちはホテルの人のバイクに着いて行き自力でビーチまで行きました笑 15人くらいいたかな。日本人は私たちだけでした 前日に雨が降ってしまったので透明度は良くなさそう、、マンタは見れるのだろうか マンタポイント レンボンガン島からヌサペニダまで船で行くとマンタが見れるマンタポイントがあります。シュノーケルでマンタが見れるポイントなんて世界でも数少ないんじゃないかな、、 しかしこの日は透明度が良くなかったため、通常は船の上からマンタの影を探せるらしいのですがこの日は×。とりあえずマンタポイントで一旦シュノーケル。 あんまり何も見えなかった、、 が、なぜか大きな魚の大群が🐟いました。これ、もう少し透明度が良かったらすごいんじゃないかなー。 マンタは残念ながら見れませんでした。 ガマットベイ この日はやはり透明度が悪かったのでクリスタルベイではなく、ガマットベイに移動しました。全然透明度が違う! たくさんお魚が見れて大満足。 どうやらこのツアーはシュノーケルの時間は私たちのやりたい放題。特にさあ次のスポット行くよーっていう合図はなく、みんなが満足したら出発。みたいな感じでした笑 なので、ひたすら最後の人を待ちましたwww マングローブポイント ここが最後のポイント!その名の通り、マングローブの目の前のサンゴ礁でのシュノーケリング。ここが一番透明度もよく、綺麗でした ここは浅めで、テーブル状のサンゴと言うよりは私たちがよく目にするトゲトゲ状のサンゴでした ここもひたすら最後まで人を待っていたので40分くらいはシュノーケルタイムでした。 トータルで3時間と少し。とても満足したツアーでした! スクービードゥー(scoobydoo) お腹も空いていたのでボートがついた場所から歩いて2,3分のところにスクービードゥーというレストランに行きました。 プールもホテルに泊まってなくてもレストランでご飯を食べただけで入れます!ただ、チェアーベットは宿泊客用らしく、使えませんでした。 サンドウィッチとチキンスープを頼みました。値段も一つ6万ルピアくらいでロケーションの割には割安ではないでしょうか? ホテルはチェックアウトはしていたものの、荷物は置いてもらっていたので一旦ホテルに戻り着替えもさせてもらい、バイクでフェリーの時間までレンボンガン島を冒険しました。 バイクでレンボンガン島巡り デビルズティアー(devils tear) まず最初に行ったのはデビルズティアー、悪魔の涙という名前のポイント。たしかに、波が当たって大きな水しぶきが上がってました。中国人観光客が多かったな ドリームビーチ レンボンガン島でどうやら有名らしいドリームビーチ。正直、何故ここが有名なのかわからないくらい普通のビーチでした。笑 もっと綺麗で雰囲気のいいローカルビーチは沢山あるはず。とは思ったものの、恐らくレンボンガン島自体にビーチがそこまでないからかな。。 アンダーグラウンドハウス まだ時間があったのでホテルのオススメに乗っていた地下を15年かけて掘って昔住んでいたという家に行ってみました。 行ってみると、おじさん1人が座っていて歴史を勝手に少し話してくれました。笑 そして行きたいか?と聞いてきます。笑 いくら?というと1人5万ルピア。いくらなんでも高すぎる。2人で10万ルピア。 友達が1人2万だったよ?と試しに言ってみると、それはずっと前の話と言われたのでじゃあいい、帰る。 というと、じゃあ2人で5万でいいよ。 だって。 それでも高いなと思ったけどなんかもうその値引き交渉をするのに最近疲れてしまっていたので5万でいいよと交渉成立。 アリの巣みたいでした。昔オーストラリア人も住んでいたらしい。一応3部屋くらいあるらしかったけど迷路のようで何が何だかよくわからなかったです。笑 2人で5万ルピアならお試し程度で楽しめていいんじゃないかなという感想でした。 そして船の出発時間が迫っていたのでフェリー乗り場まで戻りバイクを返しました。30分ほど待ち時間があったのですぐそばのコーヒーショップで少しゆっくりしてバリ島に戻りました。 Kenya cafe. コーヒーもちゃんとしたマシンを使っていたので美味しそうでした。 雰囲気もGOOD! 一泊二日のレンボンガン旅行、いい週末でした。次はヌサペニダに行きたいな〜

Lembongan & Ceningan

レンボンガン島へ自力で行こう

レンボンガン島、ツアー抜きのバイクの旅 バリ島から約30〜40分で行ける離島、レンボンガン。去年は8000円程で日帰りツアーに参加しましたが今年はツアーではなく全て自力で行ってきましたー!断然お得です。 サヌールからスピードボートでレンボンガンへ 朝7時半。バイクでクタを出発し、8時過ぎにサヌールの船着場に到着。大きなバイパスを消しKFCがある交差点を曲がってまっすぐ行くと入場料をとるおじさんに2000ルピー支払ってバイクの駐輪場にバイクを止めます。 レンボンガン島へ行くスピードボートは朝9時の便なので30分ちょい前に着けるように行きました。 サヌールの船着場でレンボンガン島行きチケット購入 船着場についてすぐにチケット売りのおじさんに話しかけられました。元々船着場のパブリックボートのチケットを買う予定だったのでそのまま付いて行きました。入り口に書いてある看板を見ると片道200000ルピア。おじさんにディスカウントある?って聞くとあるよー!と教えてくれたのでチケットカウンターでディスカウントしてと頼んだら往復で35万ルピーでした。なんでも値引きしてみるもんだ。 しばらく船着場で待って、自分のチケットの会社?の名前がアナウンスされたら船に乗り込みます 今回乗ったのは小さかったな。 レンボガン島でバイクレンタル 40分後、レンボガン島に到着。着くや否やすぐにまたおじさんにバイクバイクーと声を掛けられました。実際にバイクが必要だったので話を聞いてみると、今日と明日の帰りの船までの3時までで15万ルピア。もっと安くしてと言ってみたけどダメでした。笑 でもガソリン満タン付きだったし、15万だったらいい方かなと思い船着場からバイクをレンタルしました。どうやらガソリンはこの島では高いらしくて、その辺の道端で売ってる瓶に入ってるガソリンは1瓶2万ルピアらしい。たしかにバリの二倍かな。 レンボガン島で一泊 今回の宿は比較的口コミが良かったchill houseという一泊2000円で泊まれる格安宿。船着場からバイクですぐでした。着いたのがまだ10時だったのでチェックインはまだだよーと言われましたが荷物は預かってくれるし、いろいろ情報は教えてくれるしとても親切で良かった!シュノーケルのツアーも15万ルピアでやっていたので予約しました。さあ、バイクで散策しよう!と出発直前、そのお姉さんが電話で話していたら、ちょっと待って!貴方達、名前なに?もしかしてyumiko?と聞かれそうだよーというと、貴方達の部屋準備できてるって!と教えてくれてチェックイン出来ました。笑 朝10時にチェックインできるって素晴らしい! 部屋も綺麗で次来た時もこのホテルにしたい!と思うくらい良かったのでおすすめ宿です。 バイクでレンボガン島からチュニンガン島 早速バイクでチュニンガン島まで行くことに。まずはレンボガン島とチュニンガン島を結ぶ黄色い橋を目指します。バイクで山を軽く超えて約15分程度で到着。 この橋はバイクでも渡れちゃいます。この橋を渡るともうチュニンガン。 とりあえず橋を渡って右に曲がります。島の左側はほぼなにもないので右側を散策。 シークレットビーチ(チュニンガンポイント) バイクで走っていたら小さなビーチとサーフィンしている人たちを発見。降りられそうだったのでとりあえず降りてみることに。 波は良さそうだったけど浅そうでした、、 そして岩場には小さな洞窟的なスポットが!この岩の上に登れるかなー? と思ってチャレンジしましたがまだ潮が多く、波がどんどんと打ち寄せていたので危ないといことで断念、、、 残念、、 ブルーラグーン おそらくチュニンガン島とネットで調べて一番に出てくるのがこのブルーラグーンのはず。 google mapで調べたらすぐ近くだったのですがなにせ行き方が分からず、その辺を2往復くらいしましたwww 諦めかけていたその時、あれ、さっきのビーチのすぐ横にバイクいっぱい止まってるよねそういえば。最初はチュニンガンポイントに降りて行く人達かと思ってたのですが実は小さく、blue lagoonと矢印が出てました😅そこに止めて歩いていくようでした。 とは言っても歩いてすぐ。。どうして辿り着かなかったんだ、、 そしてそこには確かにびっくりするくらい綺麗な青い海が広がっていました。ブルーラグーン。その名前通りだったなあ。 シークレットビーチ そしてブルーラグーンをまた奥に進むと秘密のビーチ、その名もシークレットビーチがあります。google mapで確認できます。 こんなとこ行けるのかという道を行ったところにありました。 階段を降りると静かなビーチがそこにはありました。 そろそろお腹が空いたという事で、きた道を引き返し行きに見たレンボンガンから橋を渡って少し行ったところに並んでいたレストランに行くことに。 オシャレな絶景レストラン 可愛いレストランがあったので入ってみました。そして目の前には海。 なんとブランコやハンモックがありインスタ映えなスポットでした。潮も干潮だったため下に降りれました。おそらく潮が満ちているときはブランコはできない、? ご飯はサンドイッチとナシゴレン。ここのポテトが何故かものすごく美味しかった。 本当はヌサペニダ島へ船で渡ろうというプランだったのですが、潮が引きすぎていてどうやら船が出ないそう。しょうがないので今回はペニダ島を諦め、チュニンガン島を一周してみることに。 チュニンガンは小さい島なのですぐに一周できました。しかし島の左側はほぼ何もなく、ひたすらガタガタ道を進みました。こういう冒険的なのもいい。 そしてレンボンガン島へ一旦戻り、ホテルでひと段落しました。 レンボンガン島で夕日を見ながらディナー 午後5時。夕日を見ながらご飯を食べたいねということで海沿いで夕日が見れそうなレストランを探しました。 私たちが行ったのは、 blue corner bar&restaurant とっても素敵なローケーションでした。…