CATEGORY Short trips

Short trips

Baja California メキシコサーフィントリップ 2

二日目。 朝早く起きてK38をスポットチェック。5時半くらいだったかな。笑 ミドルタイドからハイタイドだったから入れるかなと思ったけど波は昨日よりも小さくあんまり割れてなくて断念。エアビーに戻ってもう一眠り。 そして8時ごろにいい波を求めて出発。k38.5とk39をチェックするも、ハイタイドで厚い。そしてどこに車を止めていいかわからない。メキシコでサーフィンがあまりメジャーじゃないのか、ビーチ沿いに駐車場なんてなくみんなどこに止めているんだろう。目の前のホテルの駐車場はどうやら宿泊客しか止められなさそうなので、手前のホテルの工事してるところに無理やり入ってみで無理やり車を止めてみたけど工事の人たちは挨拶すらしてくれた笑 とめてよかったのかな笑 スポットチェックするも、結局ボツで南になんかすることに。 いろいろ見たけどあまり良さそうじゃない、、結局サンミゲルまで南下してみたけどサンミゲルも小さ過ぎて出来ず、、 結局サンミゲルの街でメキシコの朝ごはんを食べてK38に逆戻り。お昼過ぎにはタイドが引いてきてたのでなんとかできたかな。昨日の方が良かったけどそれでもなんとかできました。 そして、帰り道に友達のリクエストでどうやら有名らしいタコス屋さんに寄ることに。 これがかなり美味しかった!お肉がジューシーでボリューミー。一つで十分です。 だがこの帰り道事件は起こる。 検問をやっていてサーフボードやらいろいろ積んだうちらの車が怪しいと思ったのか止められ、いろいろチェックさせることに。私はメキシコだしいくら警察でも信じられないと思って何か取られるんじゃないかと思いかなり近くで警察たちを凝視。それを危ないと思ったのかほかの警官が私が車に近づいた瞬間ピストルに手をかけていたらしい。 メキシコだしいろいろ危ない。リアルな体験をした瞬間でした。まあ結果ドラッグとか出てくるはずもなく、すんなり通れたけど、おそらく彼らは賄賂のお金を待っていたのだと思う。最初に止められた時、警官のお姉さんは何も言わずに手のひらを出してきた。最初は免許か何かかなと思ったけどよくわからず、5秒後に握手を求めてきた。この5秒はなんだったんだ。おそらくうちらは外国人でこの銃を持ってる警官たちに止められたということはお金払うから通してという外国人が多いのではないか。あの手は賄賂のお金を待ってた手だったのではないかという説がうちらの中では有能でした。 怖いね。でもこれが他国へ行くということなのかな。 そして、国境を越えるのに渋滞にはまらないように3時過ぎには国境に到着。結局待ったのは40分。すんなり通れました。待ってる時に迫り来るいろんな物を売るおばちゃんおじさんたち。小腹も空いていたのでチュロスを一つ購入したら他のおじさん達も便乗して迫ってきて結局5個も購入わら みんなで食べたから結果良かったけど、半端ねえなあんたら笑 そんなこんなで終了した私たちのメキシコトリップ。波は最高でもポイントの行き方、パーキング等が問題でした。 それでもこんなに近いんだからまた戻ってきたい!そんなメキシコでした!

Short trips

Baja California メキシコサーフィントリップ

Baja California メキシコサーフィントリップ この春学期のスプリングブレークを利用してサンディエゴからバハカリフォルニアまで車でサーフトリップに行ってきました。1泊二日の弾丸旅行。目指すはロゼリトエリアにあるK38というライテンダーのポイント付近とエンセナダの手前にあるサンミゲルというポイント。この二つを主に、走りながらいいポイントを見つけたら入ろうという予定でした。 朝5時半にサンディエゴを出発。友達をピックアップとかしてたらメキシコ国境を超えたのは6時半すぎ。特にチェックされることもなくただゲートを超えるだけ。国境を超えるのは初めてではなかったので知っていたがそれでもやっぱりこれだけ?と思ってしまう。 そして国境を超えてから約40分、いとも簡単にK38に到着。K38はKM38と道に書いてあるのでとてもわかりやすい。とりあえず、走ってきた道を外れ、Robert’s K38 Motelの横のパーキングに駐車。でも人が入っておらず、本当にここであっているのかよく分からない。そして波もよくない。ここは本当にK38なのか、、、と不安になる。 よく見るとK38の横、ホテルの目の前で3人ほど入っていた。多分、K38.5かな。そこに行こうとしてもどこにパーキングしていいのか分からず彷徨う。ホテルを超えて病院のパーキングが入れそうだから行って見ると、スペイン語しか話せないおじさんが頑張って教えてくれた、ここはパーキングできないと。じゃあどこに止めればいいんだ、、、 後でわかったことだけど、K38から歩くか、ホテルの工事中のおじさんたちに混じってパーキングしかなさそうだった。この時はもうよく分からないのでとりあえず南下して見ることに。 最初はLa Fonda目指しました。結構近くて15-20分くらいだったかな。でも風がもうすでに入っていてどこも微妙。走っている道から見る限り微妙なのでそのまま通り過ぎることに。そして少し行ったところにいい波発見!遠くから見る限り波が良さそうなので行って見ることに。しかし走ってた道を降りて脇道に入ろうとすると、どうやらそこはプライベートプロパティーらしく入れない。どうやってあっちのサーフポイントまで行くんだ?と聞いても多分あまり英語が通じず、そしてサーフィンは分からないと言われたどり着けず諦めてサンミゲルまで行くことに。これも後からわかったことだが、そこのポイントはMISSIONで、TOLLロードじゃないといけない。あたし達は一般道を走っていたのでそっちにいけず、サンミゲルに行くのになぜか山を超えました。笑 TOLLロードでいくと道の脇におっきい駐車場があるのでわかりやすいはず! でもこの遠回りがこの日のラッキーステップでした。山を超えている途中、おっきなワイナリーを通り過ぎてかなり素敵だったので帰りに寄ろうということに。これが本当に大当たりでした。 そして山を超えてすぐ、サンミゲルポイント到着です。入口がすごくわかりずらいけどよく見るとサンミゲルと書いてあるし、少し行くとパーキングのおじさんがいます。一日$5らしいので波チェックしてから決めていい?とお願いし波チェック。 K38で吹いていた風はほぼなく、綺麗に腹〜肩くらいの波が割れていました。だけど問題は、波が石垣のめっちゃ近くで割れてる。。。これは危なくないのか?というか乗ってすぐ波を降りないと危ないでしょ。。。と悩んでいたところにすでに上がってきたサーファーがいたので聞いて見ると浅いし危ないけどいい波だったよとのこと。んー入るしかないよなということでパーキング代を払いにおじさんの元に戻ってから着替えて入水。 これも後からわかったこと。サンミゲルはミドル〜ハイタイドスポットのライトブレイク。そして波のサイズは頭からダブルオーバーがパーフェクトコンディション。調べてきなさいよって話なんだけどね。。。 この日は波が小さかったから沖で割れずにインサイド付近で割れてた。そしてサンミゲルについた8時半ごろはちょうどハイタイドで綺麗に波が割れていたのでした。石ころ、岩ばっかのこのリーフポイントは誰も入ってなく貸切。サンディエゴならありえない。少し危ないけどこんないい波で貸切なんて。 1時間半くらい3人で波に乗りまくり、風が入ってきてコンディションが悪くなってきたところで終了。ただどうやって海から上がればいいのか分からず。とりあえず、沖から見て右側にパドルして波の打ち寄せがあまりないところから上がろうとするも結構危ない。笑 なんだここ結構危ないじゃないか。。。一緒に入った友達は尖った岩で足の裏をかなり深くきっていました。 メキシコで何が一番難しいって、波はいいのに人が入ってないこと。だからそこがサーフィンできるのか、どこからエントリーすればいいのか、パーキングはどこなのかよく分からないこと。そして日本でも英語の記事でもあまり詳しくバハカリフォルニアのサーフィン事情について乗ってないこと。ここまでくる人が少ないのかな。 そしてサンミゲルで最高の波に乗った後はせっかくなのでエンセナダまで車を走らせお友達が教えてくれたシーフード屋へ。セビーチェ、生牡蠣、テキーラ、全部美味しかった!メキシコってこれや!!サービスもめちゃくちゃ良くて4人でいっぱい飲んで食べたのに$50. 安い。美味しい。最高。 そしておなかいっぱい食べた後はエンセナダの街をせっかくだから歩いて見た。ガチャガチャしててメキシコって感じ。一番ウケたのはあちこちに薬局があってバイアグラ推しが激しいこと。メキシコでは処方箋なしで、さらに20粒で$40, 一緒に行ったおじさん曰くかなり安いそうです笑 バイアグラネタ、かなり面白いことがありましたがなんとなしにpersonalなので触れないでおこう笑 そして行きに通り過ぎたワイナリーに行こうとエンセナダを後にしました。ワイナリーはかなり大きくて車を止めてからわかったことだけど、どうやらオーシャンビューの山のてっぺんにバーがあり、下でボトルを買っていけるよということでした。シャトルに乗って5分ほど離れた最高に景色の良いスカイバーに到着。 _ ただ行き当たりばったりで寄って見たワイナリーなのに大当たり。この日は何かと大当たりで最高。食べ物はあまりなかったけど、チーズをオーダーしてワインと景色を楽しみました。   そして夕方もう一回海に入るためにK38付近で予約していたAirbnbへ向かいました。だがしかし、Airbってこんなに見つからないものなのか。はっきりとした住所がなかったからボコボコの砂利道を何回も行ったり来たり。そして目の前のK38は頭サイズのいい波が炸裂してました。いい波があるのに今夜の宿が見つからないこのもどかしさ。おそらく15分くらいその辺をうろうろした結果なんとかたどり着け、ホストもいい人で荷物だけおろして速攻海へと向かいました。 朝見たK38とは大違い。これがネットやみんなが言っていたK38かと納得。ライトの波がバンバン割れていて何人か入ってました。おそらくリミットは1時間ちょっとだったので急いで入水。でもこの石、岩たちが痛いんだ。ロータイドスポットでまさにミドルに向かって上げというタイドだったのでだいぶ石の上を歩かなきゃいけなくて痛かった。。。 でも波は最高で日が落ちて暗くなるまでサーフィンしてました。 海から上がる頃にはもうすでに真っ暗で、昼間に買った花火をそのままビーチでやろうということになり久しぶりに花火なんてものをやりました。 打ち上げ系の花火は迫力がやば過ぎてもはや危なかった笑 こんなこと日本じゃなかなかできないよなー。日本だといろいろ規制しなくていいものも規制してて本来楽しめることが楽しめなくなってるなあとこういうルールが少ない国に来ると感じます。 花火をした後は夜ご飯を近くのタコショップへ。早く閉まる店が多く、うちらも滑り込み。まあまあだったかなー そして、帰りに水とかを買いたくて近くのコンビニ的な場所によったらゲートは閉まってるけど小さな穴から商品とお金は手渡せるようで水とかスナックを購入できました。やっぱり夜の治安はかなり悪いのかな。タコショップにもセキュリティーのイカツイお兄さんが立っていたし。危ない部分のメキシコを見た気がしました。 これにて1日目は終了。  

Short trips

マレーシアトランジット-空港泊-

クアラルンプール国際空港で空港泊 ミャンマーのヤンゴン空港からバリに帰るのにクアラルンプール経由のエアアジアを使用しました。ヤンゴン空港を夜の7時にでて、11時ごろに着く便。そして空港泊をし、朝の9時半の便でバリのデンパサール空港に戻るという予定でした。 クアラルンプール空港は無料シャワーもある まずクアラルンプールに着いて、トランジット用のゲートで荷物もスキャンするとすぐに出発ロビーに出られます。なので、後は本当に翌日ゲートに時間通りに行くだけなのです。 深夜に着いて次の日の朝の便で飛ぶ人も多いからなのか、なんとトイレにはシャワー室も一室ついてました。 シャワーはしたかったのですがどうやら水のみのシャワーだったし、それよりももう寝たいという気持ちが勝ってしまったのでしませんでした。 ちなみにこのトイレはトランジット用のゲートをくぐり、すぐ左に曲がったところにあります。一番近くのトイレです そしてそのトイレに行く途中に本日の寝床を見つけました。 クアラルンプール空港で空港泊オススメスポット これはさっきのトイレの手前ですがなんと仕切りが用意されてるんです。しかも壁に充電できるコンセントがいくつかあるので完璧です。ただ、競争率は高そうでした。トイレから戻ってきたら運良く寝床ゲット。 タオルを敷いて飛行機用の100均で買った枕。持ってきててよかった〜 目覚ましを出発時刻の2時間前の7時にセットして、20時間列車に乗ってたせいか、動かない平らな床で寝れることが幸せですぐに寝てしまいました。 危うく搭乗不可、他国からのトランジットは要注意 まさかこんなことになるとは思わず、時間通り7時過ぎに起床。そしてトイレに行き歯を磨き、コンタクトを入れ、ゆっくーりとトイレを出ました。一応ゲートを確認しておこうと思い掲示板を見ると、gate closed. え?まだ7時半、何かの間違え?と思い3回ほど見ました。それでも、もうゲートは閉まっているの表示?パニックでした。良く分からないので急いでゲートに向かいます。 その途中、クアラルンプールではまた荷物をスキャンしなきゃいけません。そこの時計を見ると何故か既に9時10分。その瞬間真っ青になりました。 何故この時差が起きていたかというと、私のiPhoneの時間がミャンマーの時間から変換されていなかった、、ミャンマーは1時間半遅れです。なので、9時10分。何故気がつかなかった、、 急いで急いでもし乗れなかったらどうしようという不安でいっぱいになりながら走った結果、なんと、、 まだゲートはギリギリ空いてました。9時25分発予定だったバリ行きのエアアジア。9時15分にゲートについた私を乗せてくれました。まだゲートは閉まってなかったようでしたが私が乗ってからすぐにドアが閉められ出発のアナウンスが流れてました。 運が良すぎた、、 普通だったら出発時刻の10分前なんてもうゲートは閉まってて乗り遅れてた このドキドキとなんて運が良かったんだろうという気持ちは出発してからもしばらく続いてました。本当にまた乗りすごさなくて良かった、、 ということで、トランジットの際には用心を。