CATEGORY myanmer

myanmer

Myanmar Day4& Day5 -Bagan-

2018登れるパゴダで見る最高の朝日 シークレットパゴダでの朝日 この日は前日また寝落ちしてしまい、何故か予定通り起きれず起きたら既に5:45でした。大急ぎで準備をして、バイクを5000チャットで借ります。そして6時なるかならないかくらいの時にalotawpyae 寺院に到着。急いで前日見つけたalotawpyaeの裏側にあるシークレットパゴダに行くともう既に人が集まってました。失敗した、、 このシークレットパゴダはgoogleマップでsecret pagoda baganと検索するとalotawpyae寺院のすぐ横に出てくるはずです。 日の出には間に合いました!しばらく待っていると日が昇ってきました! 昨日のパゴダみたいに木に邪魔されず、綺麗にサンライズが見れました!最高! そして徐々に上がってくる気球達と共に鳥?コウモリ?達も朝の始動開始。昨日のパゴダからよりも気球が近くに見えます。 これが世界三大仏教遺跡の景色。きっとパゴダがまだ登れていた2017年より前はきっともっとステキな景色だったのかもしれないけどこれでももう十分でした。これのどれかにバスティアンとエロディーも乗ってました。 この世界観はすごい。これが私が観たかった景色。パゴダの登楼が2017年以降禁止されてしまったため、こんな景色は見れないかもしれないと半信半疑で来てみたバガン、ミャンマー。来てみて本当に良かった。私のiPhone7でもここまで綺麗に撮れるけどこんな絶景を目の前にしてみると、やっぱり旅行用にいいカメラ欲しいなと思ってしまいます。ただ、持ち運びがめんどくさいのだけれども。 この後、日もだいぶ上り落ち着いてきたので昨日の朝日を見たパゴダの隣に見えたもう一つのパゴダにも行ってみることに。見つけた3つの登れるパゴダの中でどこから見るのが一番綺麗なのか気になっていたので、これは行くしかないと思い急いでパゴダを降り、バイクを飛ばしました。 2018年、登れるパゴダ③ SUNRISE temple その名もサンライズ寺院。これはgoogleマップで位置を確認した時に出てきた名称です。このパゴダはシュエサンドーパゴダを通り過ぎて最初の登れるパゴダ①を通り過ぎたところにあります。sunrise templeで出てきます。 んー私が行った時にはもう気球達が遠のいていたというのもあるけど、太陽と遺跡の距離が遠くて一つの写真に収まらない。たしかに太陽は綺麗に昇ってきそうだったけど、写真映えするかというとシークレットパゴダの方が綺麗でした。 ただ、遺跡を見渡すには最高のスポット!このバリのゾウTシャツは何回着たんだろうか。もう最後には色が茶色くなってしまっていたり流石にもうきれないだろうってくらい汗臭くなってました😂この旅で学んだことは旅をするには白い服はだめだということ。笑 朝日が一番綺麗に見えるパゴダ 3つのパゴダから朝日を見た結論は、alotawpyae寺院の裏にあるシークレットパゴダから見る朝日が一番綺麗だったということ!本当に美しかった。全部行ってみて良かったです。全部試してみないと気が済まない性格なので3つ目のパゴダに行ってなかったら後悔してる気がします。笑 そして、この後はまだみてなかったパゴダ達をささっとバイクで回ってみました。 バガン遺跡をバイクで ここは特に名前があるようには思えなかったけど、通りがかって良さそうだったので行ってみました。小さな遺跡の集まり。 ソミンジーパゴダ somingyi pagoda 工事中でした。ここが一番遠かったパゴダ Nan hpaya これは通りがかっただけ。そろそろ寺疲れしてきたので興味が薄れてきた頃です。 ブパヤ Bu Paya 川での夕日も綺麗と聞きます。ブパヤの周りは屋台とか色々出ていて楽しそうでした。 そしてこれも通りがかったら牛たちがいたのでパシャり こういう、その辺にあるパゴダも止まって立ち寄ってみると結構ステキだったりする。 この後はまた朝ごはんを食べに、そして少し昼寝してホテルをチェックアウトするためにホテルに戻りました。12時にチェックアウトして、バスティアンとエロディーと落ち合うことに。 最初に向かった先はスラマニ。 スラマニ sulamani phaya ここも結構大きかった。中に入ると他の寺院とは違い、壁に絵が書いてある。 中を歩いて回っていても飽きない、見るところがある遺跡でした。ここ良かった! ブパヤ bu phayaへ 再びブパヤへ gadawt paling ここはシンデレラ城のような形でした。サラーっと見て終了。 シュエサンドーパゴダ そしてみんなで最後にシュエサンドーパゴダへ 昨日登れるシークレットパゴダを教えてくれた彼もまたいました。私は2時半には列車のチケットを買うためにバガンの街を出たかったのでこのパゴダを最後にこのバガンで最初から最後までお世話になったフランス人の2人、バスティアンとエロディーとバイバイしました。…

myanmer

Myanmar day3 -Bagan-

世界三大仏教遺跡バガン 2018登れるパゴダ① この日は前日の夜に仲良くなったフランス人カップルの、バスティアンとエロディーが登れるパゴダを一つ見つけたようで連絡してくれました。そのパゴダはシュエサンドーパゴダを通り過ぎたあたり。地図を送ってくれたので朝日を見にそこに行ってみることに。 朝5時半に目の前のバイク屋さんでバイクを5000チャットで借りることができました。昨日は8000チャットと言われたけど他が5000だったからそっちに行くというとじゃあ5000でいいと言われました。やっぱり観光客は最初からぼったくり値段なのかな。 そしてシュエサンドーを過ぎたあたりで二人のおじさんに登れるパゴダ教えてやろうか?と声をかけられましたが知っていたのでスルー。声をかけてきたということはこの周辺で間違いなさそう。目的地近くに着くとパゴダの上に人が乗ってるのが見えました 日の出を待ちます 雲と木に隠れて日が昇ってきた瞬間は惜しくも取れず。でもこの後左側から上がってきた気球たちがとても幻想的でした。写真じゃあたり伝わらないなあ、、 このパゴダにいた人達は地元の子供に一人2000チャット渡して場所を教えてもらったんだとか。今殆どのパゴダが登楼禁止なのでそういうやり方もあるようです。 そしてみんなが去り始めた頃、、あれーバスティアンとエロディーが! パゴダに人が多くてサンライズのメインの方まで行けなかったので気づかなかったけど彼らもいました!二人は5時に出発して5時半にはもうここに居たよう。早く出た方がいいね。 パゴダの上に登る階段は狭い。 この日、シュエサンドーパゴダからもっと奥に行ったところにもう一つ人が登ってるパゴダがありました。そっからだと木に邪魔されないで朝日が観れるのだろうか。googleマップで見たけど、このパゴダは載ってません。とりあえずメインの通りからシュエサンドーパゴダに向かい、その道をずっと進むと人が登ってるパゴダが二つあるはずです。 ダマヤンジーパゴダ そのあとはこの二人とバイクで遺跡巡りをしました。もう一度近かったのでダマヤンジーパゴダへ行くことに。 入り口で写真を撮っていると地元のおじさんが話しかけてきて勝手にガイドを務めてくれました。これは後でお金払えと言われるんだろうなと最初は半信半疑でしたが結局すごくいい人だったのでもう最終的にはガイド料すら払いたい気持ちになってました。 どうやらバガンには王が何人も居て、このパゴダを建てた王は悪い王様だったよう。自分の父と弟、インドの奥さんまで殺し最終的には奥さんのお父さんの怒りを買い殺されてしまったそうです。 ここにある二つの大仏は王のお父さんと弟らしい さらにこのおじさんはこの建物の歴史や新しく補強された部分までしっかり歴史を教えてくれました。 ミャンマー人が吐く赤いツバ 今までミャンマーに来てから気になっていたみんなの口が黒い理由を聞きました。すると見せてくれた。なんだかよくわからないものと、タバコの葉らしい。歯磨きしてももう黒い色が消えないらしい。ミャンマーのマリファナのようなものなのかな。やるか?と言われたけど葉が黒くなってしまっては困るのでやめておきました。笑 これを歯に包んで葉っぱごと噛んでました。 ミャンマー人が結婚式の撮影もしてました そしてフランス人の二人は白人が珍しいのか写真をお願いされてました。笑 そして二人は朝ごはんとお昼寝しにホテルに戻るというので私も朝ごはんを食べにホテルに戻ることに。昨夜ご飯を食べたところで。ミャンマーコーヒーとミャンマーパンケーキで1200チャット。安すぎる。ミャンマーコーヒーは甘くて、パンケーキは揚げたのかな?甘くなかったです。お砂糖を振りかけて食べるスタイルだった。 そして、パンケーキを食べてたらおそらく伝統衣装?を着たミャンマーの人たちがパレードチックに行列で歩いてきました この休暇のせいで予定通りバリに帰れなかったけどこういう特別な行事を見ることができました。 そのあと少しお昼寝して、12時ごろからまたバイクで遺跡巡りに行きました。 シュエサンドーパゴダ 朝日を見たときに通り過ぎたパゴダ。よく見てなかったなと思って戻ってきました。するとまたどこからともなく一人の少年が現れて話しかけてきました。話しかけてくるというよりは写真撮ってやるよ!って感じ。 そのあともちゃっかりすごい写真を撮ってくれる。暇してたのかな?笑 ここのローカルらしくてまた色々と説明してくれました。そしたらその子のお母さんが来て、タナカ塗るかい?とミャンマーの人たちが男女問わずしてる日焼け止め?お化粧?のようなもの。 買いなさいよと言われましたがミャンマー以外でどこで使うんだと思い丁寧に断りました笑 そしてシュエサンドーパゴダの中には大仏も居ないし中に入れるようにはなっていません。外から登れるパゴダです。そのかわりシュエサンドーパゴダのすぐ横には大きな大仏が横たわってます。 ミャンマー語まで教えてくれた彼、どうやら手に少し麻痺がありバイクや車は運転できないという。そこで、登れるパゴダが他にもあって僕は知ってるからバイク運転してくれたら教えてあげる!と言ってくれたので教えてもらうことに。 2018登れるパゴダ② シークレットパゴダ その名もSecret pagoda Bagan と調べるとgoogle mapで出てくるはずです。場所はalotawpyae パゴダの裏です。駐車場にバイクを止めてそこからalotawpyaeパゴダの裏まで歩いていきます。 この旅行で登れるパゴダを3つ見つけることができましたがこれが一番大きいかな。ちなみにこれの手前にも登れるパゴダがあります。それは中から登れるタイプではなく、外から登るだけのシュエサンドーパゴダと同じタイプです。 今日の夕日はここで決定。この後色々と教えてくれた彼をシュエサンドーまで送り届けお昼を食べに行きました。 Khaing Shwe Wah Vegetarian restaurant 口コミで見つけたこのお店。どこに行ってもよかったのですが、口コミでカレーが美味しいと書いてあってカレーが食べたかったのでここにいってみました。 トマトピーナッツカレー。クリーミーで美味しかった。 そして頼んでもないのにサービスでデザートとサラダまでだしてくれました。 しかもこんなに。全てとても美味しかったです。これで、カレーが2500チャット。ご飯が500チャットで3000チャット。日本円にして約210円。安すぎます。そしてここでフランス人の二人と合流。またバイクで遺跡巡りの旅スタートです。 アーナンダパゴダ バガンのパゴダの中でも最も美しいと言われるアーナンダパゴダ。実はこの時まだバガン観光料の25000チャットを支払ってなかったわたし達。というかどこで払えばいいのかわからなかったわたし達。ついにチケットは?と聞かれる時がきました。…

myanmer

Myanmar day2 -Bagan-

世界三大仏教遺跡。バガン マンダレー からバスでバガンへ 朝6時過ぎに約30分遅刻できた乗り合いのバンは大きなバスターミナルまで運んでくれます。 朝から大雨 あたしの次に乗ってきたフランス人カップルのバックパッカーとここで仲良くなりバガンでもおせわになりました。 途中で物売りの人たちが乗ってきました。 とうもろこしって、、 途中で隣に座ってきた子供達。 バスは2回ほど休憩を挟みしたがそれが休憩なのか、バスの調整で休憩にしたのかは不明。 修理してんのかな、大丈夫と思ったけど20分後出発しました。ここで軽くご飯を食べておやつのクッキーの束を購入。結構入ってて1000チャット。 そして12時には到着しました。このバス、ローカルの人たちがどこからともなく乗ってきて降りて行く。席が空いてたら乗れる仕組みなんだろうか。 12時に到着したはいいがタクシーの運ちゃんがぼったくろうとしてくる。仲良くなったフランス人たちも近くの宿に行くというのでシェアすることにしたら一人5ドルと言われた。いやいやいや、その看板にさニャンウーまでタクシー一台6000チャット、と書いてあるではないか。なのになんだ一人5ドルで15ドルっておかしいでしょ。行く先が二つだからだよと行ってくる。こんなにも近いのにそんなことがあるかい。歩いて2,3分なのでフランス人の宿で降ろせというと一人3ドル。まだこいつはいうのかと思ってうちらも無理無理。と反撃。結局8000チャットでもうこれ以上は無理という。ぼったくられてる気しかしないが他にタクシーがいないのでしょうがなくお願いすることに。やられた。 バガンで宿探し ノープランだった私は宿すらなかったので今夜の宿を探すことに。最初は仲良くなったフランス人の人が泊まる宿でとりあえず値段を聞きました。21000チャット。んーもう少し安いとこありそうだなと思い、とりあえず他も見ることに。以前ネットで見つけたpann cherryという宿が安いらしいので、歩いて行ってみました。 すると、シングルルーム、バストイレは共同で10000チャット。日本円にして700円。安い。即決しました ヤンゴン行きのバスの予約 そして、そこのフロントでヤンゴン行きのバスを予約しようとしたら思わぬハプニングが。なんとこの時期はミャンマーの長い休暇で4日後の29日までバスの予約はいっぱいという。帰れない。私は27の朝の便でヤンゴンからバリに帰る予定だったのにどう考えてもその飛行機には乗れない、、、 電車があるよ。と言われたけど、1日夕方4時発の一本のみでなんと二十時間の旅。それだとしても移動時間が長すぎて間に合わない。 とりあえずバスターミナルに行って直接バス会社と話したらどうにかなるかもしれないよ。と言われたので目の前のEバイクレンタルで4000チャットで半日バイクを借りてさっき来たばかりのバスターミナルへ戻りました。 すると、どこからともなくおじさんがやってきてどうしたんだと聞いてくれました。バスに乗れるか知りたい。というと英語がわからないくせにバスという言葉と、ヤンゴンという言葉で理解してくれてバガンからヤンゴンまで行けるバス会社に片っ端から連れてってくれました。残念ながらどこも同じ結果。しょうがないので後は列車で帰るしかありません。列車の駅に行ってみるよというと、すぐそこだよーと行き方も教えてくれました ありがとうおじさん。ミャンマーの人は本当にあたたかい。タイが微笑みの国っていうけどミャンマーの方がそんな気がする。 バガンからの列車は一時間前にならないと買えない とりあえず駅に行って30分ほど並んだくせに、電車の出発する一時間前に来て追い返されました。このクソ暑いなか、並んだのに、、ただ、値段は知ることができた。 普通の席、バガンからヤンゴンまで4500チャット。二十時間も旅するのでベットの寝台特急券がいい人は12000チャット。普通の乗車券が安すぎるでしょ。もうここはケチらずアップグレードの寝台券を買おうと思います。 結局何もチケットが取れずホテルまで帰ってきてしまいました。とりあえず27日の夕方の電車で帰る方向で航空券も取り直し。そして気を取り直してバイクで遺跡を見に行きました〜 Alotawpyae Pagoda 日本語で果たしてなんて発音するのか。。ホテルからオールドパゴダ目指して走ってると最初の方に見えてくるパゴダなので寄ってみました。 ミャンマー人がお祈りに来てるという印象でした。この時はこの後また何回もこのお寺に来るとは思ってもいませんでした笑 ダマヤンジー パゴダ ここはとても大きくて、インディージョーンズの世界。仏教の寺院なのになぜかマヤ文明っぽかった気がする。迫力満点の寺院でした。中に入ると二人の大仏が並んでます ぱぱッーと回って、そろそろ夕日の時間になってきてたのでどこかに登れそうなパゴダがないか探す旅に。 全てのパゴダが登楼禁止でも登れるパゴダはあるのか ネットで色々調べたけどそもそもあまりミャンマーまで行く人が居ないのか、なかなか優良な情報発信得られず。自分の足で探すことになりました。色々走って、草むらの中を抜け、こんなとここんなスピードで走るもんじゃないだろって道も行きました笑 結局この日はウロウロしてるうちに陽が落ちてしまい失敗。。だけど、次の日幸運が訪れます!登れるパゴダを二つ発見して朝日と夕日それぞれ別の場所でみました。 この日は断念して日が落ちた後に近くの丘へ行きました うーんなんか想像してたのとは違う。。やっぱりもう少したかいところから見ないと遺跡が見えないし遠いい、、 夕日はみれなかったけど、なんと牛使いに遭遇しました すごい数の牛たちが向かってきました、、これはこれですごかった。そしてバイクを返しに借りたバイク屋さんへ戻りました。 バガンの激安ローカルレストラン 宿でシャワーを浴びて夜ご飯を食べにすぐ隣のお店へ。 2品プラスソーダを飲んで3000チャット。安すぎる。唐揚げが1500チャット. フライドヌードルが1000チャット. ソーダ 5000チャット。 地元の人で賑わってました。お店の名前はperfect cafeらしい。パンチェリーの宿のすぐ道路向かって左側にあります。 これにて長いバガンでの1日は終了しました。二日目は登れるパゴダを3つも見つけ、大冒険です!

myanmer

Myanmar Trip day1

ミャンマー、マンダレーをバイクチャーターで観光 朝8時の便でプーケットからバンコクまで飛び、12時にマンダレー に着く便にバンコクから乗りました。着くまで分からなかったのが、ミャンマーの時差が面白いこと。普通一時間単位で時差ってあるものだと思ったらなんとタイより30分遅れ。30分ってなんなんだ。 ミャンマーは今年10月からビザ不要 ミャンマーに行こうと思った時にビザがめんどくさいし意外と高いなーと思ってたのですが飛び立つ直前にビザを取得しようとしたところ今月、10月から日本国パスポート保持者はビザが必要ないことが発覚!ラッキーすぎる。どうやらお試しらしいのでとりあえず1年ほど試行らしいです。 イミグレーションでは、ビザは?と聞かれたのでヒヤッとしましたが日本のパスポートいらないんじゃない?と言うと何やら隣のおばさんと何かを話し、オッケー!と笑顔で答えてくれました。良かった。 マンダレー 空港で両替とsimカード 購入 まず空港について両替と思ったのですが、あれ一つしか空いてないしレートも書いてない。。と思ったら今日はどうやらミャンマーの祝日らしく町のお店はほぼしまっているとのこと。まじか。と思ったけどそこしか両替できないのでそこで両替。 日本円は両替できないと知っていたのでバリでアメリカドルに替えて持ってきてました。そのアメリカドルからミャンマーチャットへのレートは1570。 つまり100ドル両替したら15700チャットになる。レートが良すぎる。全て40%オフのようなもんだ。 そして、次にsimカード をooredooという会社で3gb 4500チャットで購入。日本円にして約300円。 マンダレー 空港からバンで市内へ そのあとはツーリストインフォメーションでどうすればいいか聞いていたら、とりあえず4000チャットで市内まで行けるとのこと。そして、マンダレー からパガンは10ドルで行けるよと。とりあえず話に流されるがまま次の日の一番最初の便、6時半のバガン行きのバスを予約。しかし問題はこの時まだホテルを取ってなかったのでとり次第、このバス会社に明日のピックアップのホテルの名前と場所を連絡してとのことでした。 乗り合いバンに揺られること一時間、市内到着。みんなはホテルで降ろしてもらってたけどホテルがまだ決まってなかった私はマンダレー 駅で降ろしてもらった。 バイクタクシー 最初からマンダレー はバイクタクシーを頼もうと思ってました。とりあえずバイクタクシーを見つけるには駅に行けばどうにかなるだろうという感でマンダレー 駅に到着。 よく分からずフラフラしてたら案の定バイクタクシーのおじさんが話しかけてきました。 どこに行きたいのか?というのでとりあえずよく分からないからオススメある?って聞いたけど問題は彼らはあまり英語ができない。しょうがないので、マップを開いて少し調べておいた行きたいとこを指差し。すると、オーケー30000チャットでどうだ?と交渉してきました。いろんなサイトとかみたけど30000チャットは高い。この時すでに2時を回っていて半日観光だし。いやいや、高すぎるよ15000チャットくらいじゃないの?と言うと、それは無理。と突き返された。なんだめんどくさいなーと思いながら英語も分からないのでんー。と考えていると25000は?と言うので。もっとうーん。と考えてみたら20000チャットでいいからもう行こうよ!と向こうも投げやりになってきたので、まあ20000チャットならいいか。と思いお願いしました。 すると、ドライバーはなんと交渉してたおじさんじゃなくてずっと黙ってた違うおじさん!笑 え?この人なの?英語全くできないじゃん!と言ったものの笑って終わり。そうだよねー。笑 最後までドライバーとはちゃんと話が通じ会うことはありませんでしたが良い人でした笑 ムハマニパゴダ 最初の目的地はムハマニパゴダ。 結構大きかったし、お祈りしてる地元の人たちでいっぱい。観光客はほぼいないくらいすくなかった ここは男性しか入らないゾーン。女性のために生中継をテレビでやってたけど、なんだそれ、面白い。 そして中には絵が飾ってあったり少し博物館チックなってました。一通り全てみて、退散。この何日か、かなりのお寺に出入りしたのでそろそろお寺回りに疲れている自分がいました。笑 旧王宮 次の目的地は旧王宮。個人的にかなり好きでした 旧王宮はとても美しかった。日本とは全く違う歴史を感じました。どちらかというと韓国ドラマとかでよく見る感じ そして展望台らしきものもあるので上から旧王宮内を見渡せました しかし、暑すぎました。汗が止まらずひたすら汗をかいてたらバイクタクシーのおじさん に笑われました あまりにも暑いので王宮内で水を売ってたおばちゃんから買いました。400チャット。28円。 クドードパゴダ 次の目的地は旧王宮からすぐのクドードパゴダ。このパゴダの近くにはたくさん屋台が出てて大渋滞。竹の中に何かを詰め込んでやいてました ドライバーがこれはグットだよと言っていたので恐らく食べ物でしょう。やっぱり英語が通じないのは不便。かといってミャンマーの言葉は全くわからないのでお互い様。笑 入ってすぐに見える黄金のパゴダ。やっぱりタイもそうだけどキンキラ系が多いのかな。 そしてこの白い小仏塔が並ぶパゴダ。この中に小さな大仏さんが居ました。今までにない感じのお寺で面白かった。 ちなみに、毎回裸足でパゴダに入らなくてはならないので1日の終わりには足の裏が真っ黒。 ここからは一番いってみたかったウーベイン橋へ。 夕陽が綺麗なウーベイン橋 ひたすら川沿いを走りました。5時半が日没なので5時過ぎに橋に到着。橋も大混雑。バイクやら人やら車やらであふれてて大変。 風もなく、水面が綺麗だったので太陽が反射して二つに見えます。ほんとにめっちゃ綺麗だった 手漕ぎボートも夕陽時間に合わせて人を乗せてました。それはそれですごく雰囲気出ててよかった。 すごーくよかった。ミャンマーという感じを勝手に感じてました。ここが一番よかったかな。 この後はまたこのながーい橋を来た道を戻りホテルまで送ってもらいました。この日はミャンマーの満月に合わせた祝日で至る所でロウソクをパゴダの周りに飾っていたり、家の前に置いたりしてました。そして至るところで爆竹をやってました。この爆竹は夜中まで響いてました😂…