CATEGORY Cambodia

Cambodia

Vietnam day5

ダナン市内を散策 このカンボジア&ベトナム旅行の最終日は半日ダナン市内を少し散策しました。色々調べた結果、さほどダナンですることはないようなので遅めに起きて遅めの出発。 朝ごはんはBa Mua Quang Noodle こちら、ネットで調べてローカルフードがお手頃に食べれるということで行ってみました! この麺(35000ドン)と豆乳(12000ドン)と激安!しかもかなり美味しかった!昨日の夜ごはんとは大違い!笑 ベトナムもご飯が美味しいね。 そして、そっからやることもなかったのでミーケビーチまで歩いてみることに。あっつい中45分歩きました笑 ドラゴンブリッジも渡って、 ひたすらまっすぐ歩く、、、 ミーケビーチ 白い砂浜でダナンでも有名ビーチらしい。 たしかに綺麗〜リゾート寄りかな。 サーフィンしてる人がいたので波チェックしてみましたがあんまり波良くない、、というか全然波良くないwww しばらく海を眺めていたらバリが恋しくなってしまいました。 暑くてしょうがないのと、他にやることもないのでまた歩いて市内に戻ることに。 結構歩いたな〜 コンカフェ まだフライトまでしばらく時間があったので川沿いのカフェに入りました。 結構混雑してたから人気なのかな?ホワイトコーヒー35000ドン。おしゃれなカフェ結構多いのかもしれなーい。 そして、涼んでるうちにそろそろダナンを出る時間になったので、GRABタクシーを呼んで空港へ向かいました。空港までバイクタクシーで16000ドン。80円。こんなに安くていいのかな。バリと同じくらいかな。 これにてこの旅行も終了! なんだか、今までで一番長く感じた旅行でした。1週間ちょっとしか旅してないのになんだか2週間くらい旅行してたかのよう。きっと気持ちを半分くらいバリに置いてきてしまったからかな。バリでの生活も短くなる中での旅だったから早くバリに戻りたくもなった。ほんとはダナンの後にハノイにも行く予定で、なんならラオスにも行こうとしてたのにそんな気分になれずダナンで引き返してしまいました。ハノイもラオスもいつでも来れる、でも残りのバリ生活は今だけ。バリに戻って残り時間を大切に過ごします!この旅で出会った全ての人と出来事にありがとう!

Cambodia

Vietnam Day4

バイクでミーソン遺跡へ この日はホイアンから約1時間の場所にあるミーソン遺跡へバイクで行ってみました。この旅行でひたすらバイクでどこかへ行っていたので1時間のバイクなんてへっちゃらでした。 ミーソン遺跡の入場料は150000ドン。近年値上がりしたようです。入ってすぐに博物館?があります。私は帰りに寄りました。そして入り口を少し進むとフリーシャトルが待ってくれていました。入り口から遺跡まで約2kmなようなので、シャトルで遺跡の近くまで行きます。 遺跡はゾーンによってわかれてましたが1時間もあれば全部回れました。 ミーソン遺跡の建物はレンガとレンガをただ積み重ねただけのようです。それでもこうやって残ってるからすごいよね。いろいろ修復されている部分も多いようですが。 これはもう修復もされておらずそのままにされてました。 そして、2時ごろになると何やら音楽が聞こえてきたと思ったら20分間の伝統系のショーが開催されてました 1日にどうやら3回あるらしく、私は運良く2時の回を見ることができました。遺跡も見れて、ショーも見れて一石二鳥💕 そして、ショーが終わるのと同時に遺跡群を後にしました。 遺跡周辺の道も結構素敵。 また1時間かけてホイアンまで戻りました。ホイアンに戻り、ホイアンの街をまたプラプラして堪能しました〜 隠れ家的カフェ、le fe cafeteria ホイアンのカフェをググったら出てきたので行ってみました。 本当に路地の横にあるカフェ。通り過ぎてしまいそうだった。 雰囲気も素敵で値段もローカル。ベトナムで有名なコンデンスミルクいりの、ホワイトコーヒーをオーダー。25000ドンでした。 そして、街中で売っていたマンゴーケーキとココナッツケーキとやらを購入。二つで20000ドン。ココナッツケーキの方はスイートポテトの中にココナッツを混ぜたみたいな感じで、マンゴーケーキの方はなぜマンゴーと言うのかは分からなかった、、、この白いのはおもちみたいで、中はピーナッツ系。 謎でした、、、 そして、またこれが良かったのか悪かったのか、、バックパック屋さんに入ってしまいました。。そして、交渉の結果370000ドンで、また新しい違う形のノースフェイス購入。 もっと安くできた気が後からしてなりませんが、どっちにしても十分やすいので文句は言えません。 そして、これも街中で売っていたハーバルティー。12000ドンと激安。はちみつっぽくてとても美味しかった! そして夜ご飯は川沿いの屋台で頂きました。なんだかよくわからない麺(フォー的なやつだけどフォーじゃない)は30000ドン。これがはっきり言って美味しくなかった、、笑 全部食べれませんでした笑 なんだろう、麺がガサガサして美味しくなかった、、 まあでもホイアンをこれでもかとたのしみました。そしてまた約40分かけてダナンまで帰りました。 ドラゴンブリッジも通れたので満足です! ダナンのホステル、the secret garden この日はダナンの街中にあるホステルに宿泊。 ドミトリーだけど壁で囲われてるから最高!と思ったのですが、今まで泊まったドミトリーの中でも最悪でした。 なぜかというと、全てのベットが壁つながりなのか、やたらと揺れる。揺れすぎでしょってくらい揺れます。 そして、なんかダニにも食われた気がする。最近よくダニにやられているのでもはやどこで食われたのかわからないけど、ここで数カ所食われた気はします。。まあしょうがないのだけれども。 そしてなにより、ここに泊まってる客のマナーが悪すぎる。今までなんこかホステルに泊まってきたけど、ドミトリーだからやっぱりみんなそれなりに気を使って部屋の中では静かにしてます。けれど、ここはえらいでかい声で喋る、電話をしまくる、朝のアラームが鳴り響く。ありえないでしょ、、ってことが連発でした。朝から電話に大声で出ないでほしい。部屋を出るなりなんなりあるのでは、、?ここにはもう泊まりたくないと思いました。安かったけど、、1泊400円でした。 そんなこんなで、ベトナムのラストナイトは終了。明日はラストデイでやっとバリに帰ります!!

Cambodia

Vietnam day3

マーブルマウンテンとホイアン 朝6時半過ぎにホステルをチェックアウトし、出てすぐのところでフォーを食べました!なんだかんだやっぱりローカル屋台的なとこが一番美味しい。 昨日食べたフォーより美味しかったな。 そしてgrabで空港まで。バイクタクシーだったけど激安で割引が効いて12000ドン。60円でした、、これで儲かっているのかなあ果たして、、 そして10時過ぎにダナン空港着。雨かなーと思ったけど晴れてました! ダナンについて、とりあえずまたGRABタクシーで中心街に出ました。 バイクレンタルをしたかったのに、中々バイクレンタルが見つからなくて苦戦。しょうがないのでその辺の人に聞いたら親切に近くのバイクレンタル屋まで連れてってくれました。 1日150000ドン。と言われて二日で300000ドン。まあしょうがないかなと思ってディスカウントお願いして270。だけど、後から気づいたのは看板にも思いっきり一日100000ドンって書いてあった〜くっそーもう少し押せばよかった、、でもきっと観光客プライスだからしょうがないよね、、 マーブルマウンテン そして、やっとこさマーブルマウンテンへ向けて出発しました。ダナンから約20分。すぐ着きました。入り口がどこか少しわかりずらかったけど運転してたら着きましたw 駐車場は近くの屋台とか飲み物売ってるおばちゃんたちがこっちだよとやってくれるのでそこで止めます。駐車料金は50円 そしてこの洞窟の入場料20000ドン、約100円を支払い中に入ります。 中はぬかるんでたりかなり水が上からポタポタ垂れてくるので足元に要注意です。 暗くてわかりづらいけど、中は割と広くて、そして、ものすごく急な階段を登ります。 この階段を上った先 一旦外に出ましたが、結構狭くて長居できるようなスペースではなかったのですぐに来た道を下りました。狭すぎて階段のすれ違いも危ないので注意が必要です。 そして今度は他にも色々あるマーブルマウンテン自体を登りました。上まで行くエレベーターにも15000ドンで乗れます。この山自体はさっきの入場料とは別に40000ドンチケットカウンターで支払わなければいけませんでした。 他にも二つほど洞窟がありました この大きな洞窟は一番奥にありました。中はかなり広くて行く価値ありです。 そして、この山の頂上、ビューポイントも登りました。この階段がものすごくきついです。笑 次の日確実に筋肉痛が来ると思いながら登りました。 ダナンは海沿いの街なので雰囲気出てます。 そして、体力も限界が来ていたところで山を降りました。マーブルマウンテン、なかなか良かったです。 世界遺産の都市、ホイアンへ マーブルマウンテンからホイアンまでは30分。運転しているとかなり早く感じます。 ホイアンでは、longan homestayという、ホイアンの中心地から徒歩すぐの安宿に泊まる予定だったので先にチェックインしました。一部屋1200円。なかなか良かった! そして、そこから歩いてホイアンの街へ。 知らなかったのですが、この通り(日本橋へ続く道)へはチケットが必要でした。私はたまたまそのまま通ってしまったので入れましたが、2回目は引き止められました。6箇所くらい歴史的建物を見学できるチケットが売ってるのでじっくりホイアンを見学したい人にはおススメです。 私はたまたま通れてしまったので、日本橋を見学できました。でも、日本橋は外から見たほうが綺麗かも。 歩き回るだけで楽しかったホイアン。まずお金が足りなさそうだったので30ドル両替しました。ホイアンはホーチミンよりもレート悪いかな〜と思ってたけどそんなことなく、むしろ少しだけレート良かったです。 偽物のノースフェイス達 そして、歩き回ってるうちに気づく、パチモンのカバンとジャケットの数々。特に、ノースフェイスとsuperdryのブランドが目立ちました。気になるのと、バックパック大好き人間からしたら欲しくてたまらないので、中に入ってみました。確かに、よくショルダー部分の付け根とか見るとちゃっちい気はするけど偽物だとパッとみただけではわからない。 値段を聞いてみると最初は700000ドン。3500円。それでも安い。でもベトナムの物価からするとかなり高い気がする、、 そのあと、ベトナム在住の欧米人のおじさんが入ってきて、ここの店が一番いいぞとかあれこれ教えてくれているうちに、違うおばちゃんが350000ドンよ、と最初の値段の半額の値を言ってきました。きっとこのおじさんのおかげ、ありがとう。350だと1750円。やっす。迷った挙句、値切りに値切って2800ドンまで下がりました笑 そして、調子に乗って小さくなるノースフェイスのジァケットも一緒に購入。200000ドン(1000円)。 なんだかいい買い物をしてとってもハッピーでした! ホイアンのバインミー屋さん そして小腹が空いたので事前にネットで出てきたバインミー屋さんに行くことに。お店の名前はバインミーフォン。なんだか、有名らしく、欧米人もたくさんいました。 25000ドン。125円。とってもおいしかった!味付けも、具もいっぱい入ってて確かに美味しい。そして激安なので毎日食べたい。 そんなこんなしているうちに暗くなってきました。 本当にいい雰囲気出てる〜 なんて素敵な街並みなんだ。ベトナムで一番好きな場所でした。どこを歩いても綺麗なんだな〜 そしてぼーっとしてたらこのフルーツ売りのおばちゃん達が写真撮れ撮れと寄ってきました。フルーツを食べる気分じゃなかったのでいらないよ〜と断ってたのに最後には負けました。笑 そしてなぜかほかのおばちゃんたちも集合。笑 フルーツはいらないからチップあげるって言ってんのにフルーツを無理やり売ろうとするおばちゃん達。笑 結局ライチを味見程度に一つもらってチップで10000ドンあげました。 ホイアンのボート しばらく歩いてると今度は船のおばちゃんたちの勧誘が始まります。乗る気は無かったのにまたおばちゃんに乗せられるまま、乗ってしまった笑 最初は150000ドンと言われたけど最後には120000ドンで決着。もう少し安くなる気がしますがなんかもう交渉に疲れたので諦めました笑 20分と言われたけど10分くらいで終わった気がする笑 それでもとっても素敵でした。徐々にこのろうそくがついてるランタン?が流れてくるので雰囲気が素敵でした。乗る価値ありです。 ナイトマーケット メインの橋を渡るとナイトマーケットがあります。ランタンもたくさん売ってました。ネットとかでよくみる写真はこれかな? ホイアンは本当に見るところがたくさんあるな〜。屋台で春巻きを購入…

Cambodia

Vietnam day2

メコン川ツアー 二日目はメコン川へ行くツアーに参加しました。あたしは事前にオンラインで予約してたけど現地で予約した方が安かった、、ちゃんとしたコースランチ付きで18ドル。現地ツアーだと1000円くらいでいけたみたい。 ともかく、7時45分に集合場所のツアー会社前に行きました。 呼ばれたバスに乗り込み、約2時間のや道のり。途中で一回だけ休憩所的なところに寄りました。 メコン川を渡ったらすぐでした。 ハチミツティーの試食 ハチの養殖?の様子も見してくれ、紅茶に蜂蜜を入れた蜂蜜ティーも試食させてくれました。なかなか美味しかった。 伝統音楽?公演 そして待ってる間なんやらベトナムの音楽を披露してくれました。楽器がなかなか面白かったな。歌はベトナム語なのでなんて行ってるのかわかりはしませんでしたが、、 メコン川下り ついにメインのメコン川下り!いい雰囲気出てました しかしかなり早かった!10分足らずで戻ってきてしまって終了。えーこれだけ?と思いました。安かったししょうがないのか、、? それでもすごく良かったです。ほかの川下りとはなんか違うステキな雰囲気でした。 アナコンダと写真撮影! そして、陸に戻ると何故かアナコンダと写真撮影。笑 私、意外と爬虫類系好きです。拒否反応見たいのは出ませんでした笑 そして、コブラやほかの爬虫類がたらふく入ったワインも試食できました。はっきり言ってあんまり美味しくなかった www この後もいろいろ見せてくれて、ココナッツから作ってるキャラメルの工程や試食もして結構あたしもそのキャラメルを購入しました。なかなか美味しかったし、お土産に良かったです。 船でタートル島へ渡りお昼ご飯 あたしはオンラインブッキングで、コースのお昼が付いていたので結構豪華な料理が食べれました。普通のみんなはどうやらフライドライス系の軽いご飯だったようです。 帰りはパゴダに立ち寄り 私も知らなかったのですが、帰りはパゴダに寄りました。特になんのパゴダなのかよく分からず、大きな大仏が三体いるパゴダでした、笑 そしてここからまた2時間かけてホーチミンに帰りました このツアー中仲良くなったドイツ人。この人のお陰でツアー中も、帰りのバスも楽しさ倍増でしたありがとう。 エッグコーヒー 夕方5時半ごろにホーチミンに戻ってきました。ドイツ人の彼が、エッグコーヒー知ってるか?と帰り際に言い始めて私は聞いたこともなかったので知らないというと近くにうまいとこがあるから行った方がいいよ、となんならそのカフェまで連れてってくれました。 そのカフェはブイビエン通りの端の路地を入ったところにありました。”goc ha noi”というお店。店内もかなりおしゃれで素敵でした 噂のエッグコーヒーは40000ドン。200円。 どうやって作ってるのか知らないけどだいぶクリーミー?泡?部分が多めで下にブラックコーヒーと言った感じでした。新感覚。まずくはない、どちらかというと美味しかった。 そしてその帰りにフォーを食べました 69000ドン。約350円。んーまあまあかな。 そして、ホテルに帰って8時まで一本タダでビールが飲めるのであまりビールは好きじゃないけど頂きました のんびりビール飲みながら次の日の予定立ててたら、ドイツ人の女の子と仲良くなりました。結局2時間くらい話してて気づいたら11時。人と出会えるのが一人旅のいいところかな。この日は出会いが全体的に多かった。でも旅行中に出会う人たちって結構みんな次の日去るとかそんなもんなんだよね。一期一会。この子とももっと早く出会いたかったけどこれもこれ。ステキな出会いでした。 これにてホーチミンは終了!次の日の朝ダナンに飛び立ちます!

Cambodia

カンボジアからベトナム、ホーチミン

バスで国境越え。カンボジアからベトナム、ホーチミン 初めてスリーピングバスに乗りました!寝台があるスリーピングバスだと知らずに待っていたのでそれを見たときは驚きました! ちなみにあたしはその辺の旅行会社で28ドルでチケット購入。高いんかな、安いんかな。 二人で乗合。笑 でもたまたまあたしの席はあたし一人だけだったので快適でした。 コンセントもついてるし。 夜7時に出発し、一度プノンペンまで行きます。プノンペンは深夜ごろついたのかな。 そして国境についた頃には夜は開けてました。 出国のスタンプを押してもらい、次は入国手続き。 何故かパスポートをバス会社の人に預けました。そして、順番に名前が呼ばれ、バス会社の人が手続きしてくれたのかな?すぐに通れました。 でもそれはアジア人だけだったみたい。アジア人だけ先に呼ばれて欧米人は後からでした。ビザの関係かな? ついにベトナムに入国。 国境からは約2時間くらいでホーチミンまで着きました。意外と早かったなー。寝れたし、快適だったからかな。 ホーチミンでは、ブエビエン通りの前で降ろしてもらえたので宿までも歩けました。どのバスもこうやって中心地で降ろしてもらえたら楽なのになー。 また乗ってもいいと思えたバス国境超えでした

Cambodia

Cambodia Day3

バイクでベンメリア &水上集落巡り カンボジア3日目。早朝に友達のしほちゃんをバイクで空港に送り届けばいばい。この日の夕方、あたしも本気で帰ろうかと考えてました。ベトナムにそれといって惹かれる要素が少なかったのとバリに置いてきてしまったこともあったりして悩みに悩みましたが結局ベトナムまで行くことに。 カンボジア最終日は天空の城ラピュタのモデルとなったと言われているベンメリア 、そして前日に再会したフランス人カップルにオススメされた水上集落、kampong khleangにバイクで行ってきました。 バイクでシュムリアップから65km バイクでシュムリアップから65km、約1時間半の道のりです。google mapで調べたらいくつか行き方があるみたいだったけど、シェムリアップ から一旦国道6号線東に走り、北に向かうルートで行くことに。 6号線を走ってた時はガソリンスタンドもかなりあったし、大通りだったので特に問題なし。途中お腹も空いたのでその辺のご飯屋さんに入りました。外国人が少ないためか、入った瞬間ジロジロみられ、とても親切とは言えなかったwww 3ドルのフライドライスを注文。量も結構あって、なんならお茶も付いてきた。 そして、64号線に入りました。ただひたすらまっすぐ。ここはなんだかカンボジアっぽくて、観光地じゃないカンボジアが少し見えた気がしました。 ベンメリア のチケットはベンメリア の1km手前 やっとベンメリア まで着いたー!と思ったら入口のお兄さんにチケットは1キロ戻ったところに売っていると言われて、引き返す羽目に。バイクだったから良かったけど自転車とかだったら大変だったなー。 ちなみにベンメリア はアンコールワットのチケットじゃはいれません。5ドルでベンメリア のチケットを買います。 ベンメリア ベンメリア は一切修復の手が施されてないそう。なので木や植物が遺跡と一体化していて、いい味が出てました。 入口でパシャり。 中も探検気分で色々見れて良かったです。ただ、ラピュタなのかと言われたら見てないのでよくわかりませんでした😂見てからいった方が良かったかな笑 よーく見るとしっかりと残っているとこは残っていて見所いっぱいでした。 そして、ベンメリア の後は水上集落へ行ってみることに。 ベンメリア から約1時間とちょっと 6号線まできた道をひたすら戻り、水上集落目指して1時間ほどバイクを走らせます。水上集落へ近づくと、チェックポイントがあってそこでバイクを止められます。 どうやら、その村に入るのには5ドル、そして船で周りを散策するなら1隻30ドル。あたしは30ドルも持ち合わせていなかったので、30ドルもないよ〜と言ったら21ドルまで下がりました笑 でも21ドルを払ってボートに乗る時間もなさそうだったので5ドル払い、バイクで散策することにしました。 kampong khleang 少し行くともうすでに景色が変わってきました。観光客もほぼいなくて、バイクを運転してるだけでアウェイ感が半端なかった。こんなにもローカルの地にお邪魔させてもらってる感がすごかったのは初めてだったかな。今まで観光地にしか行ってなかったんだなあと実感しました それでもなんか、人は優しかった気がする。じろじろ見られたりもしたけどそれはそうだよね。子供たちはとても純粋で可愛かった。 学校。なにか教科書でみたカンボジア。な風景でした。 ここだけじゃない、これだけじゃないって分かってはいるけれど、初めてリアルなカンボジアを見た気がしました。結構貧しいエリアなのかなーとひしひしと伝わってきてた。英語も全くと言っていいほど喋れない人が多かった。 時間があれば訪れることをおすすめします!観光地とは違って、ほんとのカンボジアが見れた街でした。 そしてこの後はもうひたすらまたバイクでシェムリアップ まで帰り、夜7時のホーチミン行き夜行バスを待ちました。 アンコールナイトマーケットで、30分2ドルでマッサージをしてもらい、時間を潰しました。 近くにあった屋台でご飯も食べたよ 2ドル。 そして、バスのでホーチミンへ向かいました。寝台バスについては次のブログで!

Cambodia

Cambodia Day2

バイクでアンコールワット巡り! ついに、まさか来るとは一度も思わなかったアンコールワットを訪れました! アンコールワットのチケット アンコールワット周辺の遺跡に入るにはチケットの購入が必須です。一日券は37ドル、3日間が62ドル?と高額なのですが、買わないわけにはいきません。 クレジットカード払いができると思い、朝5時半ごろにチケットオフィスに行ったのですが、クレジットカード払いができるのは朝7時からだそうで、現金払いのみでした。 そして、まだ暗いうちにアンコールワットまでバイクを飛ばします。すると、途中でストップストップ!と声をかけられましたが、なんだかややこしいにおいがしたので素通り。笑 そして、アンコールワット近くでも、止められましたが素通りました。アンコールワット入り口でも止められたので、これはチケットの確認かなと思って止まったら案の定チケット確認でした。 後からわかったことなのですが、アンコールワット周辺ではチケット確認スポットがいくつかあり、エリアに入る時もチケット確認あります。私たちはどうやらそこを猛スピードで通過したようです。。暗くて、チケット確認っていう看板とかも見えなかったし、しょうがないよね、、? アンコールで朝日鑑賞 私たちがついたのは5時45分ごろ。すでに明るくなり始めていました。この日の日の出時間は6時17分。急いでアンコールワットの日の出スポットへ向かいます。 一番の鑑賞スポットは、アンコールワットに入ってから目の前にある二つの池の左側です。アンコールワットの遺跡が池に映し出されてとても綺麗です。これが、よくテレビとかで見るかの有名なアンコールワット。 アンコールワット遺跡探検 朝日が昇ってしまうとあんだけいた観光客も帰り始めました。みんな朝ごはんでも食べるのかな。そこで私たちはその間にアンコールワットを冒険しました いろいろ写真映えするスポット多し。 結局トータル2時間くらい練り歩いてました。そして、アンコールワットの一番上までは登ることができます。入場制限があるので並びますが、朝早いと10分くらいではいれました。 そんなこんなで、アンコールワット遺跡を堪能し、朝ごはんを食べることに。ネットで調べてどうしても食べたいという豚肉焼きご飯。 2ドル。美味しかった!焼き鳥みたいな感じかな。なんか、このご飯だけでいうと、カンボジア料理は全部甘い?のかもしれない? バイヨン遺跡 お昼を食べた後はアンコールトムにあるバイヨン遺跡へ。 入り口には何体もの銅像が。 どこもかしこも顔だらけ。ここはアンコールワットよりも迷路のような中を冒険できるので個人的に楽しかったです。 バプーオン遺跡 ここはただひたすら登った、、この遺跡はピラミッド型で、上まで登れるんです。アンコール群の遺跡はどれも登れるのが良き。 インディージョーンズの世界。景色も綺麗で、遺跡に登った感が欲しいならここは外せません。 トマノン ここは小さくて、チケットの確認もしてなかった。こっそりとある遺跡です。 タ・プローム 木々が遺跡と一体化している遺跡。天空の城ラピュタのようと言われているらしいが、ラピュタを見たことがないのでなんとも言えませんでした。 なかなか面白かったです。 ここで二人とも結構疲れてきていたので一旦家に帰り、昼寝することに。4時まで2時間思いっきり昼寝してました笑 疲れてたからなー。 夕日鑑賞はプレループ いろいろ調べた結果、プノンバケン山に行きたいなと思ったのですが、すでに4時半を回っていたため、300人の入場制限に達しているかもしれないというリスクを避けたかったため、もう一つの夕日スポットプレループへ行きました。 遺跡自体も良かった〜。何が良かったか聞かれると答えられませんが十分楽しめました。 しかも夕日はこんなに綺麗。ノーフィルター。雲がいい感じにかかってました。とっーてもステキな夕日で最高の1日の締めくくり。 夜はハシゴで食べ歩き アンコールワットから帰ってる途中で見つけたマーケット?屋台たち。どローカルなので止まってみました。 最初に食べたのは麺。名前は分からず。 見た目は不味そうだがかなり美味しかった!! 二軒目はみんなが食べてた野菜の山はなんだろうと立ち寄った屋台。よくわからない上に、英語が通じないので指差して注文。オムレツ的なのと、葉っぱにつつまった魚肉的な食べ物となんだかよくわからないたこ焼き風揚げ物。全部で2ドル。 オムレツは中にもやしと鶏肉が入ってて、うまい!たこ焼きはココナッツの揚げ物?で少し甘かった。葉っぱにつつまってたのはまずくはないけど美味しくもない。でもローカルフードを堪能できてハッピーでした そして三軒目は昨日のアンコールナイトマーケットへ戻り、50セントのビールを注文。50セントって、、っていう安さです。 そして四軒目。これはびっくり仰天な話なのですが、私が二ヶ月前にミャンマーを訪れた際に出会って一緒に旅をしたフランス人カップルと再会しました!私がカンボジア行くときに、今どこにいるー?って連絡してみたのが始まり。なんと、同じカンボジア、シェムリアップ にいるとの連絡を受けて急遽会うことに!一杯だけビールを飲みました!私とバイバイしてから彼らはミャンマーに約一ヶ月滞在して、タイに居たそう。そこからカンボジアに。なんていいタイミングなんだろうか。 出会いって面白い。会うべき人には会うってことなのかな。これからも続いていくつながりと、切れていく繋がり。バリ島に来てから人との出会いについてより考えるようになりました。 時間作ってあってくれてありがとう!また世界のどこかでね! そんなこんなで長い長い一日は終了。明日はしほちゃんは朝早くの便でバリに戻ってしまうのでまたこれから一人の旅となります。寂しいな〜

Cambodia

Cambodia day1

バンコクから陸路でカンボジアへ 12月13日。バンコク行きの飛行機に乗ってタイに降り立ちました。ビザの関係でもう一回バリを出なくてはいけなかったけど、どこの国へ行くのかはまだ決めてなかったため、バンコク行きの飛行機をとりあえず取ってあったのでした。 そしてカンボジア行きを決めたので、バンコクからは陸路でカンボジアのシェムリアップ まで行くことに。色々調べた結果、列車で国境まで行き、そのあとバスでシェムリアップ まで行きたいと思っていたのですが、なんとドンムアン空港について駅でチケットを買おうとしたらその駅から国境までの電車は出てないとのこと。えーまじか、どうしよう。と思い、とりあえずsimカードを空港で購入。そして、バスで国境を越えることにしました。 ドンムアン空港から北バスターミナル ドンムアン空港からエアポートシャトルがモーチットの北バスターミナルまで出ているのでそれに乗ります。30パーツです。 これで、北バスターミナルまで行って、シェムリアップ 行きのバスがもういっぱいで乗れなかったらどうしようと思いながらも北バスターミナルへ向かいました。 エアポートシャトルだと終点なので降り遅れも心配ありません。 北バスターミナルの入り口を入り、奥のカウンターでシェムリアップ 行きのバスに乗れるか聞きます。9時からの便なら空いてるとのことでチケットを即買い。よかった。750バーツでした。 ちなみに、カンボジアで会った友達は450バーツで旅行会社デスクで購入したそうでしたが、国境を越える時のサービスが悪すぎて最悪の経験だったそう。少し高くても窓口で買ったほうがいいかもね。 バスで国境越え 国境をバスで越えるのは初めて。どうなることかと思ってたけどかなりスムーズでした。 まず、きちんと説明してくれます。バス会社にビザの代行を頼む人は1400バーツ。それ以外で自力でやる人は、まずタイの出国手続き、カンボジアのビザ取得、そしてカンボジア入国手続きをしてくださいとちゃんと説明してくれます。 ぞろぞろみんな歩いてるのでそこまで迷うこともありません 実際どこが国境なのか、きちんとしたラインはありませんでした。 ビザのオフィスでは30ドル、又は写真を自分で用意してこなかった人は35ドル。 これも5分ほどで申請完了です。早くてよい! そしてカジノホテルを通り過ぎたところにカンボジアの入国手続きがあるのでそこでスタンプを押してもらって終了! 思ってたよりもスムーズでよかった。バスも全員が揃うまで待って出発。 ここからまた数時間行ったら休憩で売店のようなところに寄りました。simカードもそこで購入。5ドルで1週間使い放題。カンボジアの物価を考えたら少し高い気もしたけどしょうがないので購入。 無事シェムリアップ に5時半ごろ着きました。 シェムリアップ から無料トゥクトゥク 私は友達が先に到着してたのでホテルまでの送迎はいらなかったのですが、みんなはタダでトゥクトゥクが送ってくれていたよう。 そして、となりにたまたま座っていた日本人の方。後から聞いた話で、この方はバスステーションから徒歩5分のホテルだったのに、あとあとトゥクトゥク50ドル払えと言われたらしい。信用できないなーどこも、、、 アンコールナイトマーケット 友達と無事合流し、バイクを街中で借りてナイトマーケットへ行きました!バイクはオートマで最初15ドルと言われたけど値切って11ドル。んー相場はいくらなのかな? 結構食べ物の屋台が出てるのかと思ったけどそんなことなかった、、笑 とりあえずやっと見つけたところでご飯。フライドヌードル1ドル、カンボジア料理のカレー的なやつ、3ドル。 なかなか美味しかった! pub streetも行ったけど、ただのバーが立ち並ぶ飲屋街。観光客向けでした。せっかくカンボジアに来てるのにこういうところで飲まなくていいよね、となって歩くだけ歩きました そして、ナイトマーケットどこにでもあるこのアイスクリーム。日本だと結構高いんじゃないかな?ロールアイスクリーム1ドル。初めて食べました。結構美味しかった!なんでも1ドルで飲み食いできるのは楽しい! そして自分たちのエアビーアンドビーに戻りました。次の日は朝日をアンコールワットに観に行くのですぐに寝ました〜