レンボンガン島へ自力で行こう

レンボンガン島、ツアー抜きのバイクの旅

バリ島から約30〜40分で行ける離島、レンボンガン。去年は8000円程で日帰りツアーに参加しましたが今年はツアーではなく全て自力で行ってきましたー!断然お得です。

サヌールからスピードボートでレンボンガンへ

朝7時半。バイクでクタを出発し、8時過ぎにサヌールの船着場に到着。大きなバイパスを消しKFCがある交差点を曲がってまっすぐ行くと入場料をとるおじさんに2000ルピー支払ってバイクの駐輪場にバイクを止めます。

レンボンガン島へ行くスピードボートは朝9時の便なので30分ちょい前に着けるように行きました。

サヌールの船着場でレンボンガン島行きチケット購入

船着場についてすぐにチケット売りのおじさんに話しかけられました。元々船着場のパブリックボートのチケットを買う予定だったのでそのまま付いて行きました。入り口に書いてある看板を見ると片道200000ルピア。おじさんにディスカウントある?って聞くとあるよー!と教えてくれたのでチケットカウンターでディスカウントしてと頼んだら往復で35万ルピーでした。なんでも値引きしてみるもんだ。

しばらく船着場で待って、自分のチケットの会社?の名前がアナウンスされたら船に乗り込みます

今回乗ったのは小さかったな。

レンボガン島でバイクレンタル

40分後、レンボガン島に到着。着くや否やすぐにまたおじさんにバイクバイクーと声を掛けられました。実際にバイクが必要だったので話を聞いてみると、今日と明日の帰りの船までの3時までで15万ルピア。もっと安くしてと言ってみたけどダメでした。笑 でもガソリン満タン付きだったし、15万だったらいい方かなと思い船着場からバイクをレンタルしました。どうやらガソリンはこの島では高いらしくて、その辺の道端で売ってる瓶に入ってるガソリンは1瓶2万ルピアらしい。たしかにバリの二倍かな。

レンボガン島で一泊

今回の宿は比較的口コミが良かったchill houseという一泊2000円で泊まれる格安宿。船着場からバイクですぐでした。着いたのがまだ10時だったのでチェックインはまだだよーと言われましたが荷物は預かってくれるし、いろいろ情報は教えてくれるしとても親切で良かった!シュノーケルのツアーも15万ルピアでやっていたので予約しました。さあ、バイクで散策しよう!と出発直前、そのお姉さんが電話で話していたら、ちょっと待って!貴方達、名前なに?もしかしてyumiko?と聞かれそうだよーというと、貴方達の部屋準備できてるって!と教えてくれてチェックイン出来ました。笑 朝10時にチェックインできるって素晴らしい!

部屋も綺麗で次来た時もこのホテルにしたい!と思うくらい良かったのでおすすめ宿です。

バイクでレンボガン島からチュニンガン島

早速バイクでチュニンガン島まで行くことに。まずはレンボガン島とチュニンガン島を結ぶ黄色い橋を目指します。バイクで山を軽く超えて約15分程度で到着。

この橋はバイクでも渡れちゃいます。この橋を渡るともうチュニンガン。

とりあえず橋を渡って右に曲がります。島の左側はほぼなにもないので右側を散策。

シークレットビーチ(チュニンガンポイント)

バイクで走っていたら小さなビーチとサーフィンしている人たちを発見。降りられそうだったのでとりあえず降りてみることに。

波は良さそうだったけど浅そうでした、、

そして岩場には小さな洞窟的なスポットが!この岩の上に登れるかなー?

と思ってチャレンジしましたがまだ潮が多く、波がどんどんと打ち寄せていたので危ないといことで断念、、、

残念、、

ブルーラグーン

おそらくチュニンガン島とネットで調べて一番に出てくるのがこのブルーラグーンのはず。

google mapで調べたらすぐ近くだったのですがなにせ行き方が分からず、その辺を2往復くらいしましたwww

諦めかけていたその時、あれ、さっきのビーチのすぐ横にバイクいっぱい止まってるよねそういえば。最初はチュニンガンポイントに降りて行く人達かと思ってたのですが実は小さく、blue lagoonと矢印が出てました😅そこに止めて歩いていくようでした。

とは言っても歩いてすぐ。。どうして辿り着かなかったんだ、、

そしてそこには確かにびっくりするくらい綺麗な青い海が広がっていました。ブルーラグーン。その名前通りだったなあ。

シークレットビーチ

そしてブルーラグーンをまた奥に進むと秘密のビーチ、その名もシークレットビーチがあります。google mapで確認できます。

こんなとこ行けるのかという道を行ったところにありました。

階段を降りると静かなビーチがそこにはありました。

そろそろお腹が空いたという事で、きた道を引き返し行きに見たレンボンガンから橋を渡って少し行ったところに並んでいたレストランに行くことに。

オシャレな絶景レストラン

可愛いレストランがあったので入ってみました。そして目の前には海。

なんとブランコやハンモックがありインスタ映えなスポットでした。潮も干潮だったため下に降りれました。おそらく潮が満ちているときはブランコはできない、?

ご飯はサンドイッチとナシゴレン。ここのポテトが何故かものすごく美味しかった。

本当はヌサペニダ島へ船で渡ろうというプランだったのですが、潮が引きすぎていてどうやら船が出ないそう。しょうがないので今回はペニダ島を諦め、チュニンガン島を一周してみることに。

チュニンガンは小さい島なのですぐに一周できました。しかし島の左側はほぼ何もなく、ひたすらガタガタ道を進みました。こういう冒険的なのもいい。

そしてレンボンガン島へ一旦戻り、ホテルでひと段落しました。

レンボンガン島で夕日を見ながらディナー

午後5時。夕日を見ながらご飯を食べたいねということで海沿いで夕日が見れそうなレストランを探しました。

私たちが行ったのは、

blue corner bar&restaurant

とっても素敵なローケーションでした。

値段もそこまで高くないし、良さげ。ナチョスが4万5000ルピア。

夜も雰囲気がとても良くておススメです。

レンボンガン島には日本語ダイビングツアーはない?

ちなみに、弟が新年にバリにきてダイビングをするというので、レンボンガン島で日本語で行うダイビングツアーはないかと聞いて回りました。ダイビングショップを3件回ったけど、答えはNO。ありませんでした。レンボンガンに泊まりでくる日本人がそもそも少ないからかな。

ただ、バリ島からダイビングツアーに参加するよりもレンボンガンに滞在して潜った方が安そうでした。

参考に、1ダイブ、425000ルピアで参加できるそうです。安いよね。ただし、ガイドは英語対応です。

この日はこれで終了。明日はシュノーケルツアーとバイクでレンボンガン島を回ります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *