Myanmar Trip day1

ミャンマー、マンダレーをバイクチャーターで観光

朝8時の便でプーケットからバンコクまで飛び、12時にマンダレー に着く便にバンコクから乗りました。着くまで分からなかったのが、ミャンマーの時差が面白いこと。普通一時間単位で時差ってあるものだと思ったらなんとタイより30分遅れ。30分ってなんなんだ。

ミャンマーは今年10月からビザ不要

ミャンマーに行こうと思った時にビザがめんどくさいし意外と高いなーと思ってたのですが飛び立つ直前にビザを取得しようとしたところ今月、10月から日本国パスポート保持者はビザが必要ないことが発覚!ラッキーすぎる。どうやらお試しらしいのでとりあえず1年ほど試行らしいです。

イミグレーションでは、ビザは?と聞かれたのでヒヤッとしましたが日本のパスポートいらないんじゃない?と言うと何やら隣のおばさんと何かを話し、オッケー!と笑顔で答えてくれました。良かった。

マンダレー 空港で両替とsimカード 購入

まず空港について両替と思ったのですが、あれ一つしか空いてないしレートも書いてない。。と思ったら今日はどうやらミャンマーの祝日らしく町のお店はほぼしまっているとのこと。まじか。と思ったけどそこしか両替できないのでそこで両替。

日本円は両替できないと知っていたのでバリでアメリカドルに替えて持ってきてました。そのアメリカドルからミャンマーチャットへのレートは1570。 つまり100ドル両替したら15700チャットになる。レートが良すぎる。全て40%オフのようなもんだ。

そして、次にsimカード をooredooという会社で3gb 4500チャットで購入。日本円にして約300円。

マンダレー 空港からバンで市内へ

そのあとはツーリストインフォメーションでどうすればいいか聞いていたら、とりあえず4000チャットで市内まで行けるとのこと。そして、マンダレー からパガンは10ドルで行けるよと。とりあえず話に流されるがまま次の日の一番最初の便、6時半のバガン行きのバスを予約。しかし問題はこの時まだホテルを取ってなかったのでとり次第、このバス会社に明日のピックアップのホテルの名前と場所を連絡してとのことでした。

乗り合いバンに揺られること一時間、市内到着。みんなはホテルで降ろしてもらってたけどホテルがまだ決まってなかった私はマンダレー 駅で降ろしてもらった。

バイクタクシー

最初からマンダレー はバイクタクシーを頼もうと思ってました。とりあえずバイクタクシーを見つけるには駅に行けばどうにかなるだろうという感でマンダレー 駅に到着。

よく分からずフラフラしてたら案の定バイクタクシーのおじさんが話しかけてきました。

どこに行きたいのか?というのでとりあえずよく分からないからオススメある?って聞いたけど問題は彼らはあまり英語ができない。しょうがないので、マップを開いて少し調べておいた行きたいとこを指差し。すると、オーケー30000チャットでどうだ?と交渉してきました。いろんなサイトとかみたけど30000チャットは高い。この時すでに2時を回っていて半日観光だし。いやいや、高すぎるよ15000チャットくらいじゃないの?と言うと、それは無理。と突き返された。なんだめんどくさいなーと思いながら英語も分からないのでんー。と考えていると25000は?と言うので。もっとうーん。と考えてみたら20000チャットでいいからもう行こうよ!と向こうも投げやりになってきたので、まあ20000チャットならいいか。と思いお願いしました。

すると、ドライバーはなんと交渉してたおじさんじゃなくてずっと黙ってた違うおじさん!笑 え?この人なの?英語全くできないじゃん!と言ったものの笑って終わり。そうだよねー。笑

最後までドライバーとはちゃんと話が通じ会うことはありませんでしたが良い人でした笑

ムハマニパゴダ

最初の目的地はムハマニパゴダ。

結構大きかったし、お祈りしてる地元の人たちでいっぱい。観光客はほぼいないくらいすくなかった

ここは男性しか入らないゾーン。女性のために生中継をテレビでやってたけど、なんだそれ、面白い。

そして中には絵が飾ってあったり少し博物館チックなってました。一通り全てみて、退散。この何日か、かなりのお寺に出入りしたのでそろそろお寺回りに疲れている自分がいました。笑

旧王宮

次の目的地は旧王宮。個人的にかなり好きでした

旧王宮はとても美しかった。日本とは全く違う歴史を感じました。どちらかというと韓国ドラマとかでよく見る感じ

そして展望台らしきものもあるので上から旧王宮内を見渡せました

しかし、暑すぎました。汗が止まらずひたすら汗をかいてたらバイクタクシーのおじさん に笑われました

あまりにも暑いので王宮内で水を売ってたおばちゃんから買いました。400チャット。28円。

クドードパゴダ

次の目的地は旧王宮からすぐのクドードパゴダ。このパゴダの近くにはたくさん屋台が出てて大渋滞。竹の中に何かを詰め込んでやいてました

ドライバーがこれはグットだよと言っていたので恐らく食べ物でしょう。やっぱり英語が通じないのは不便。かといってミャンマーの言葉は全くわからないのでお互い様。笑

入ってすぐに見える黄金のパゴダ。やっぱりタイもそうだけどキンキラ系が多いのかな。

そしてこの白い小仏塔が並ぶパゴダ。この中に小さな大仏さんが居ました。今までにない感じのお寺で面白かった。

ちなみに、毎回裸足でパゴダに入らなくてはならないので1日の終わりには足の裏が真っ黒。

ここからは一番いってみたかったウーベイン橋へ。

夕陽が綺麗なウーベイン橋

ひたすら川沿いを走りました。5時半が日没なので5時過ぎに橋に到着。橋も大混雑。バイクやら人やら車やらであふれてて大変。

風もなく、水面が綺麗だったので太陽が反射して二つに見えます。ほんとにめっちゃ綺麗だった

手漕ぎボートも夕陽時間に合わせて人を乗せてました。それはそれですごく雰囲気出ててよかった。

すごーくよかった。ミャンマーという感じを勝手に感じてました。ここが一番よかったかな。

この後はまたこのながーい橋を来た道を戻りホテルまで送ってもらいました。この日はミャンマーの満月に合わせた祝日で至る所でロウソクをパゴダの周りに飾っていたり、家の前に置いたりしてました。そして至るところで爆竹をやってました。この爆竹は夜中まで響いてました😂

先程ホテルズドットコムで予約した1300円くらいの宿まで送ってもらい、バイバイしました。あまり話せなかったけどとてもいい人でした、ありがとう

お約束の20000チャット渡してバイバイ。日本円で1400円くらい。安いよな。いちいちかかる駐車場代とかも込みでした。

そしてホテルはシングルベッドの一室を予約。フロントでバガン行きのバスの会社にホテルの名前を連絡してほしいと頼み、連絡してもらい一安心。5:45にホテルピックアップだそうです。

部屋に着いてトイレに入ると、あれトイレ詰まってる。。ホテルの人に来てもらいましたがミャンマー人はトイレの詰まりを治す方法を知らないのかな、、おじさんは困ってしまって結局部屋を変えてくれました。変えてくれた部屋はなんとベットが二つ〜。こんなにいらないけど少し贅沢をした気分でした。

そしてそこからご飯を食べに出歩いてみた。おかゆっぽい屋台はあったけどおかゆという気分じゃなかったのでその奥の向かいにあるご飯屋さんぽいところで食べました。

ミャンマービールが美味しいと聞いてたのでビールは好きじゃないけどオーダー。ビンタンっぽく飲みやすくて美味しかった。ご飯もよくわからないのでフライドライスと豚を注文。 全部で6600チャット。約460円。こんだけ食べて飲んで500円行かないのは安いかな

そして何故かこの日から喉が痛くて風邪ひいたのでさっさとホテルに戻って寝ました。ホステルのクーラー結構効いてたからな、、

明日はバガンへ行きます!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *