海外留学への第一歩

留学するにあたって最初にしなければならないこと、、、

それは

決断

たぶん。

たったふた文字で簡単に見えてしまうけれど、留学への決断は重たいものです。

私は都立国際高校に通っていました
普通の都立だけど英語科ということでどこの学校よりも、おそらくどこの私立よりも英語に力をいれている学校でした。
生徒も半分以上が帰国、在京外国人
私を含め普通の日本人は純ジャパ

英語の時間も多いですが普通の都立なので英語以外は普通です。

国際なのー?英語できるんだ!

とよく周りからは言われがちでしたが、
そんなわけないない

自分のやる気次第でした。
頑張った子はそれなりにかなり英語力があがるけど、まあまあ何もしなかった子は結果もそれなり
自分は国際に居たから留学という道を見つけることができました。英語がもともと好きだったけど留学する気はさんざらありませんでした。名前だけで上智、gmarch等の学校へいけたらいいなくらいに考えていました。
が、二年生になった頃くらいから大学でやりたいことが見つからず、どうして大学へ行かなければならないのか、お金の無駄ではないのか、日本の企業が求めているのは大学名だけなのか、という壁にぶつかりどうすれば良いかわからなくなっていました。

そんなとき、
自分は海外に住むのが夢だったし
英語すきだし
英語で仕事したい

そんな簡単な理由から

海外大学
先生にも日本で就職するなら大変かもよと言われいろいろ話し合いました
親にも日本の大学は考えられないのかと金銭的にもいろいろと問題があり話し合いましたが自分の意思は固かったようです
留学しようと思う理由なんてなんでもいいと思う 
海外かっこいいから
そんなんでもいいと私は思います
私は海外に住んで、学校に通って得るものは日本の大学へ通うより数倍大きいと思っています。
ただ金銭的に簡単に行くことではないので

国際には私と同じように海外大学へ進学する生徒が毎年1割弱ほどいます。
私のように純ジャパもいれば帰国の生徒も半々くらいです。その環境に背中を押してもらえました。

海外進学に詳しい先生方、先輩が多く、本当に沢山助けて頂きました
ところがどっこい
自分は手続き等でかなりトラブったので、、、
ぼちぼちそのことについて書こうと思います^o^同じような方がいれば参考になればと!

では!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *